楽器練習効率化ガイドブック

前回まで楽器に息を吹き込む瞬間に
つい無意識にもとの吹き方に
戻ってしまうことについて
取り扱っていました。

「吹く」という意図を持たないで
関係ないことを考えながら吹くのは
セットになった意図を切り離す
体験をするのには
とっても役に立つ手法ですが、
大切な本番で明後日なことを
考える人はいないので
あまり実用的じゃありません。

今回は音を出す一瞬に元に戻らず
新しいやり方で発音する
現場で使えるアイデアについて
取り上げてみましょう。

有吉尚子です。こんにちは!

とっさの反応が必要な場面で
「今回はこう対応してみよう!」
なんて思いが出てくる人は
ほとんどいないでしょう。

大抵が過去に上手く行ったという
記憶に結びついたいつものやり方で
切り抜けようとすることが
ほとんどですよね。

つまり最後の集中したい一瞬で
ついうっかり元のやり方に戻るのは
新しいやり方よりも古いほうが
慣れていて安全で信頼できるから
なんですね。

では。

そんなとっさの場面や集中したい
大切な局面にいるときに
今まで通りか新しいやり方かを
選ぶにはどうしたらいいと
思いますか?

当たり前ですが、
いきなり大切な本番で実験せず
まずは安全な場所で
実験しましょう。

楽器を構えるところや
アンブシュアのセッティングなどは
注意深く背骨が縮まらないよう
気をつけながらできたとします。

そのときにはちゃんと意識に
「こうやろう」
という意図がありましたよね。

それ、息を吹き込む瞬間にも
思っていますか?

もしかして忘れていませんか?

ほんの一瞬だけ意図が抜けて
頭が空白になった状態で
もしくは息のことしか
考えていない状態で吹いたら、
それは無意識で習慣的な動きに
任せるということですから
「息を吹き込む」
=「頭背骨を固める」
と意図がセットになっているなら
そりゃ元に戻りますよね。

実際やってみながら動きの中で
これに気がついたらしめたもの。

(この文章を読んだだけじゃ
何も変わりませんよー)

息を吹き込む瞬間に
頭首を固めていることに
気がついたらそのまま吹かないで
いったん楽器を降ろします。

「まあいっか」
とそのまま吹くのは固めと吹込みが
セットであるというのを
より脳と身体に覚え込ませるだけ
ですから。

この動きは違うから一旦やめて
新たに思い直してから吹く、
これだけでずいぶん選択肢が
増えるんですね。

これを古い反射や反応の「抑制」
って言います。

やりたくないことは
妥協してそのまま続けず
気づいたときにはやめるんです。

その選択の積み重ねで
本番のような切羽詰まった場面でも
意図的な選択が出来るように
なっていくんですね。

妥協して
「固まってるのはわかってるけど
そのまま吹いちゃおう」
なんてやってると、
選べる選択肢は固まって吹く
という動きだけ。

それじゃ新しい動きに
なるはずありませんね。

気づいたらやめる、
自分で気づかないなら
ちゃんとわかる人に見ててもらう、
その繰り返しでいまよりもっと
演奏を楽しむために選べるものを
増やして行ってくださいね!

新着記事を見逃したくない方は
メール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
に読者登録するとメールで受け取れます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。