楽器練習効率化ガイドブック

音程やリズムの正確さにとらわれて
表現されている本質が
見えなくなることがあるのは
自分を投影しているから、
ということを前回書きました。

もうひとつ音程リズムの表面的な
要素に気を取られて音楽そのものが
聴けなくなる原因があるんです。

有吉尚子です。こんにちは!

それは音程リズム以外の音楽を
構成する要素が何なのかを
知らないこと。

音色とか音量とかそんなことは
分かりやすいので特に教育を
受けていなくても無意識でも
自然と耳が向くでしょう。

それ以外にフレーズの運びや
全体の構成や勢いや
描こうとしているイメージや
その他にも音楽は聴き手によって
いくらでも深みが感じられるもの
なんですね。

なんのこっちゃ?という気がしたら
こう考えてみるとどうでしょう。

音楽といえばテレビから流れるもの
だけしか触れる機会はないし、
さほど興味も無いという人の場合、
「お!いいな!」と思うのは
懐かしい唱歌や過去のヒット歌謡
ということは結構多いです。

これ、
いい音楽かどうかの判断基準が
「知ってる曲かどうか」
だけだからなんですね。

もちろん音楽に詳しくなくても
知らない曲でも新しいジャンルでも
楽しめる耳の開けた人もいます。

でもそうじゃない人も当然います。

良い悪いではありませんが、
耳の使い方が人によって違う
ということなんですね。

もうひとつ、
学生の頃に吹奏楽に打ち込んで
それ以降ほかのジャンルには
触れてこなかった人の場合。

吹奏楽の定期演奏会でやった
「ディスコキット」や「宝島」は
すごく興味を持って聴いても
新作委嘱作品なんかには
全然興味が無い、
なんてこともありますね。

これも「知ってる曲だから好き」
という判断基準を持ってる
ひとつの例です。

音程やリズムしか聴けないのも
これと同じ事なんですね。

せっかく日々の忙しい中で
生演奏を聴く時間とお金を
投資するのなら一回の演奏から
できるだけたくさんのものを聴いて
これからの自分の演奏の
肥やしにしたいですよね。

たとえ聴いていて何か引っかかる
トラブルがあったとしても、
それ以外にどんなことが聴こえて
自分の耳を広げてくれるだろう?
なんて思いながら触れてみると、
同じ演奏からでも見えるものは
全く変わってくるものです。

ひとつのことにとらわれて
自分で世界を狭くするのは
もったいないことですね。

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。