コミュニケーション コンサート・ライヴ ソルフェージュ 思考と心

未熟な演奏をどう聴くかは耳の使い方次第

Pocket

音程やリズムの正確さにとらわれて表現されている本質が見えなくなることがあるのは自分を投影しているから、ということを前回書きました。

もうひとつ音程リズムの表面的な要素に気を取られて音楽そのものが聴けなくなる原因があるのです。

それは音程リズム以外の音楽を構成する要素が何なのかを知らないこと。

音色とか音量とかそんなことは分かりやすいので特に教育を受けていなくても無意識でも自然と耳が向くでしょう。

それ以外にフレーズの運びや全体の構成や勢いや描こうとしているイメージやその他にも音楽は聴き手によっていくらでも深みが感じられるものなのですね。

なんのこっちゃ?という気がしたらこう考えてみるとどうでしょう。

音楽といえばテレビから流れるものだけしか触れる機会はないし、さほど興味も無いという人の場合、「お!いいな!」と思うのは懐かしい唱歌や過去のヒット歌謡ということは結構多いです。

これ、いい音楽かどうかの判断基準が「知ってる曲かどうか」だけだからなんですね。

もちろん音楽に詳しくなくても知らない曲でも新しいジャンルでも楽しめる耳の開けた人もいます。

でもそうじゃない人も当然います。

良い悪いではありませんが、耳の使い方が人によって違うということなんですね。

もうひとつ、学生の頃に吹奏楽に打ち込んでそれ以降ほかのジャンルには触れてこなかった人の場合。

吹奏楽の定期演奏会でやった「ディスコキット」や「宝島」はすごく興味を持って聴いても新作委嘱作品なんかには全然興味が無い、なんてこともありますね。

これも「知ってる曲だから好き」という判断基準を持ってるひとつの例です。

音程やリズムしか聴けないのもこれと同じ事なのですね。

せっかく日々の忙しい中で生演奏を聴く時間とお金を投資するのなら一回の演奏からできるだけたくさんのものを聴いてこれからの自分の演奏の肥やしにしたいですよね。

たとえ聴いていて何か引っかかるトラブルがあったとしても、それ以外にどんなことが聴こえて自分の耳を広げてくれるだろう?なんて思いながら触れてみると、同じ演奏からでも見えるものは全く変わってくるものです。

ひとつのことにとらわれて自分で世界を狭くするのはもったいないことですね。

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-コミュニケーション, コンサート・ライヴ, ソルフェージュ, 思考と心

© 2021 聴く耳育成メソッド