楽器練習効率化ガイドブック

「難しい曲も一応吹けてはいる。

 でもどこかしらプロとは違うし、
 今までやってきた通りのことを
 続けても何か足りない気がする」

そんな漠然としたモヤモヤの
解決のヒントがどこにあるのか
知りたくて包括的に音楽を学ぶ
決断をされる方が多いんです。

有吉尚子です。こんにちは!

何が足りなくて出来てないか
わからないからこそ、
自分で気づいている以外のところに
落とし穴があるのでは?

なんて思っちゃうんですよね。

中には受け終わってから
「わかってないことが
 より見えた気がしました」

なんて声をいただくことも。

そうそう、そうなんですよ。

見えてないものが一体何なのか
わからないから、
自分はわかってるつもりでいても
モヤモヤが晴れないんですよね。

わたしもそうでした。

「自分は学べるだけ学んだし
何が足りないかはわかってる」

そんな風に思ってたときは
もっと上まで行けるはずなのに
なぜかこれ以上進めない
ガラスの天井にぶつかってるような
気分で日々過ごしてたんです。

今の自分に何が足りないかを
わかってないからこそ
行き詰まっているのに。

それに
「何が足りないかわからないことは
恥ずかしいことだ」
なんて思いもありました。

だって学生時代によく
「自分に何が必要かわからなければ
その人はそこまでだ」
なんて言葉を耳にしていたから。

でもそんなことはありません。

自分に何が足りないかわからない

何か足りないものがあるのか
どうかすらわからない

だからこそ専門家を頼るんです。

行き詰まってるってことは
これを知ってれば出来るはず、
ということを知らないってこと。

悩んで立ち止まってる今だって
いつかは出来なくなるはずの
限りある大切な演奏できる
人生の時間です。

いつかそのうち自分で偶然
解決策を見つけるまで
モヤモヤしたまま待ってる必要は
ありませんよね。

自分に足りないことが
何なのかわからなくても
何かが足りてないってことさえ
気づくことができたら
必ず助けてくれる人がいる、
そうじゃないでしょうか。

わたしが自分では得意だと
思っていたソルフェージュを
もう一度やり直してみたら?
と勧めてくださった先生のように。

本人が望んでることに必要な
本人が気づいてない問題を
解決する道を教えてくれるのが
その道の専門家です。

わたしは今までのべ1000人以上の
レッスンをしてきているので
演奏を聴いたらもう一歩進みたいのに
躓いてる多くの方が本当は何を
知らないために行き詰まってるのか
たいていの場合わかります。

もしもあなたが
もう一歩上手くなれるはずなのに
どうも先に進めない、
そんなジレンマを抱えているなら
解決のヒントをお渡しできると
思いますよ。

「出来てないことを
知られるのは恥ずかしい」

「何を質問したらいいかわからない
そんな状態で行っていいのかな」

「もっと上手くなってから
じゃなきゃダメかもしれない」

そんな心配は無用です。

そんなときは遠慮なく
「何がわからないかわからない」
と言ってみてくださいね!

 

新着記事を見逃したくない方は
メール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
に読者登録するとメールで受け取れます。

 

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。