レッスン 思考と心

出来てないことを得意だと思ってました

Pocket

「難しい曲も一応吹けてはいる。

 でもどこかしらプロとは違うし、今までやってきた通りのことを続けても何か足りない気がする」

そんな漠然としたモヤモヤの解決のヒントがどこにあるのか知りたくて包括的に音楽を学ぶ決断をされる方が多いのです。

何が足りなくて出来てないかわからないからこそ、自分で気づいている以外のところに落とし穴があるのでは?

なんて思っちゃうのですよね。

中には受け終わってから「わかってないことがより見えた気がしました」

なんて声をいただくことも。

そうそう、そうなんですよ。

見えてないものが一体何なのかわからないから、自分はわかってるつもりでいてもモヤモヤが晴れないんですよね。

わたしもそうでした。

「自分は学べるだけ学んだし何が足りないかはわかってる」

そんな風に思ってたときはもっと上まで行けるはずなのになぜかこれ以上進めないガラスの天井にぶつかってるような気分で日々過ごしてたんです。

今の自分に何が足りないかをわかってないからこそ行き詰まっているのに。

それに「何が足りないかわからないことは恥ずかしいことだ」なんて思いもありました。

だって学生時代によく「自分に何が必要かわからなければその人はそこまでだ」なんて言葉を耳にしていたから。

でもそんなことはありません。

自分に何が足りないかわからない

何か足りないものがあるのかどうかすらわからない

だからこそ専門家を頼るのです。

行き詰まってるってことはこれを知ってれば出来るはず、ということを知らないってこと。

悩んで立ち止まってる今だっていつかは出来なくなるはずの限りある大切な演奏できる人生の時間です。

いつかそのうち自分で偶然解決策を見つけるまでモヤモヤしたまま待ってる必要はありませんよね。

自分に足りないことが何なのかわからなくても何かが足りてないってことさえ気づくことができたら必ず助けてくれる人がいる、そうじゃないでしょうか。

わたしが自分では得意だと思っていたソルフェージュをもう一度やり直してみたら?と勧めてくださった先生のように。

本人が望んでることに必要な本人が気づいてない問題を解決する道を教えてくれるのがその道の専門家です。

わたしは今までのべ1000人以上のレッスンをしてきているので演奏を聴いたらもう一歩進みたいのに躓いてる多くの方が本当は何を知らないために行き詰まってるのかたいていの場合わかります。

もしもあなたがもう一歩上手くなれるはずなのにどうも先に進めない、そんなジレンマを抱えているなら解決のヒントをお渡しできると思いますよ。

「出来てないことを知られるのは恥ずかしい」

「何を質問したらいいかわからないそんな状態で行っていいのかな」

「もっと上手くなってからじゃなきゃダメかもしれない」

そんな心配は無用です。

そんなときは遠慮なく「何がわからないかわからない」と言ってみてくださいね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-レッスン, 思考と心

© 2021 聴く耳育成メソッド