楽器練習効率化ガイドブック

「成長しきった!学びきった!」
と思う時、
成長の潜在力が失われ始める。

そんな話を聞いたことは
ありますか?

有吉尚子です。こんにちは!

今回はアレクサンダー・テクニーク
原理の発見者である
F.Mアレクサンダーさんの本から
印象に残った言葉のご紹介です。

もう充分やりきったと思う時は
自分の足りないことや
これから発展する余地が
見えなくなっている時なんだそう。

言われてみたらそれはそうだな、
と思わされますね。

何もせずに放っておけば
知識は古くなるし
スキルは落ちていく。

そして時代は進んでいくし、
技術は発展するし、
新たな世代が生まれてくる。

現状維持をしようと思うなら
いつまでも成長し続けるつもり
でないとあっという間に古くなり
劣化して置いていかれる、
ということだそうです。

こわいですねー。

でもその通りですね。

演奏技術が何もしなかったら
劣化するのは当然ですが、
楽譜の解釈なんかも
「昔一度やった」
なんてことにあぐらをかいていたら
あっという間に陳腐化しますよね。

だって昔の自分が読み取って
感じたことは今の自分が感じること
とは別物なんですから。

「昔やった通り」
では
「誰かがこうやってたから
それをそっくり真似する」
なんてことと同じになって
しまいます。

いつも新鮮な感覚で演奏していたり
何度聴いてもいつも魅力的な
演奏をする人は、
毎回音楽と出会いなおしたり
しているんですよね。

円熟した演奏家の表現が
若い頃とは違っているけれど
どんどん深みが増す、
なんていうのはそういうこと
なのではないでしょうか。

「学びを完成させたなんていう
 到達点はまったくない」

「自分が知ってることに
 満足している人は
 最も知覚力の鈍い人であり、
 不幸で不満を持つ人である」

なんて言葉も印象に残っています。

これで完成だとかもう充分だとか
そんな傲慢で怠惰な思考に
いつの間にかなってしまわないよう
気を付けたいものだなと
感じました。

新着記事を見逃したくない方は
メール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
に読者登録するとメールで受け取れます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。