アレクサンダー・テクニーク 思考と心 練習

学びきった!と思うのはいつでしょうか

Pocket

「成長しきった!学びきった!」と思う時、成長の潜在力が失われ始める。

そんな話を聞いたことはありますか?

有吉尚子です。こんにちは!

今回はアレクサンダー・テクニーク原理の発見者であるF.Mアレクサンダーさんの本から印象に残った言葉のご紹介です。

もう充分やりきったと思う時は自分の足りないことやこれから発展する余地が見えなくなっている時なんだそう。

言われてみたらそれはそうだな、と思わされますね。

何もせずに放っておけば知識は古くなるしスキルは落ちていく。

そして時代は進んでいくし、技術は発展するし、新たな世代が生まれてくる。

現状維持をしようと思うならいつまでも成長し続けるつもりでないとあっという間に古くなり劣化して置いていかれる、ということだそうです。

こわいですねー。

でもその通りですね。

演奏技術が何もしなかったら劣化するのは当然ですが、楽譜の解釈なんかも「昔一度やった」なんてことにあぐらをかいていたらあっという間に陳腐化しますよね。

だって昔の自分が読み取って感じたことは今の自分が感じることとは別物なんですから。

「昔やった通り」では「誰かがこうやってたからそれをそっくり真似する」なんてことと同じになってしまいます。

いつも新鮮な感覚で演奏していたり何度聴いてもいつも魅力的な演奏をする人は、毎回音楽と出会いなおしたりしているんですよね。

円熟した演奏家の表現が若い頃とは違っているけれどどんどん深みが増す、なんていうのはそういうことなのではないでしょうか。

「学びを完成させたなんていう到達点はまったくない」

「自分が知ってることに満足している人は最も知覚力の鈍い人であり、不幸で不満を持つ人である」

なんて言葉も印象に残っています。

これで完成だとかもう充分だとかそんな傲慢で怠惰な思考にいつの間にかなってしまわないよう気を付けたいものだなと感じました。

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, 思考と心, 練習

© 2021 聴く耳育成メソッド