アレクサンダー・テクニーク 練習 身体の仕組み

タンギングのコツは○○の圧力

Pocket

有吉尚子です。こんにちは!

発音する時に必ずタンギングをしてしまう習慣の方は意外にたくさん見かけます。

基本的なことですが、舌は音を出すために触れるのではありません。

管楽器で音が出るためには息が流れている必要があって、舌は息の流れのコントロールを手伝うものですね。

意外かもしれませんが、タンギングを上手くいかせるためのポイントは実は舌ではなく息にあります。

タンギングは舌で振動を止めて、それから息の圧力でまた振動を再開させて、という作業の繰り返しです。

レガートなら振動は止まらないので同じ息の圧力のままでも音は鳴っていますが、一度止まった振動を再開させるのには相応のエネルギーが必要です。

そのエネルギーになるのは舌を離す勢いやアンブシュアの締め付けではなく、息の圧力だけなのです。

だから舌をつくときにはレガートのときよりもたくさん息の圧力をかけることがポイントです。

また逆にそうしないと曲の中でスラーとスタッカートが混在しているところでは、スラーよりもスタッカートの方が小さく聞こえてしまいます。

スタッカートのときはレガートのときよりも大きい音で吹こう!と思って息を入れると、ちょうどレガートのときと同じくらいの音量になりますよ。

ピンときたら試してみてくださいね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, 練習, 身体の仕組み

© 2021 聴く耳育成メソッド