コミュニケーション ソルフェージュ レッスン 合奏・アンサンブル 練習

ドかレかわかるだけじゃ意味がない

Pocket

ソルフェージュのトレーニングと言われて思い浮かぶことってどんなことですか?

有吉尚子です。こんばんは!

聴音の書き取り新曲視唱などではないでしょうか。

これを読んでいる方の中には子供時代や受験時代に仕方なくやったつまらないトレーニングを思い出す・・・
という方も多いと思います。

確かに試験や入門のレッスンで行われるソルフェージュは採点がしやすいような単純でシンプルな課題が中心なのでつまらないかもしれません。

そしてそんな場面では繊細なニュアンスを聞き取れてるかどうかではなく聞こえたものがドなのかレなのか音程がわかってる、ということで大抵は充分です。

勉強中の女子高生

でも。

本当に演奏や指導の現場に出たら、そんなことだけでは全く用が足りません。

日常会話の中でも「雨」か「飴」か聞き取れるだけではコミュニケーションに困ってしまいますよね。

雨が降って花が元気になるのが嬉しいのか、

通勤電車で濡れた傘がいっぱいになるのが迷惑なのか、

飴が食べたいから頂戴と要求されてるのか、

私たちは普段細かな抑揚をちゃんと聞き取って理解しています。

音楽でもそれは同じこと。

繊細なニュアンスが聴き取れていないとどんなことが起きるでしょうか。

長くなるので続きはまた次の記事で!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-コミュニケーション, ソルフェージュ, レッスン, 合奏・アンサンブル, 練習

© 2021 聴く耳育成メソッド