楽器練習効率化ガイドブック

オーケストラや吹奏楽など
大人数で集まる機会が多いと
自然と仲の良い人とグループになり
そうでもない人とはあまり絡まない
なんてありませんか?

有吉尚子です。こんにちは!

演奏団体だけでなく学校や会社や
サークルなんかでもありますよね。

仲の良い人とは気が合うので
何となく話しやすく快適で
ストレスが少なく過ごせます。

そして

「あの人ちょっと怖い」

「ノリが違って絡みにくい」

「世代が違って話が合わない」

そんな人とはあまり関わらないから
さほど親しくはならなかったり。

そしてたまにイラっとするような
指摘をしてきたり苦情を言われたり
というのはあまり親しくない
グループの人だったりしませんか?

そんなときは

「気の合う人とだけやりたいのに」

なんて思っちゃうかもしれません。

でも面白いことに
ステップアップしたり
次のステージに大きくジャンプする
きっかけになるのは
そんな親しくない人からの
一見迷惑と感じるような
コメントだったり。

はじめはイラっとするし
「何を突然いらん口出しをして!」
なんて思うことでも冷静になると
もっともだなと感じることもあって
結果的にもらえて良かった意見
感じられたりしませんか?

こういうこと、
わたしはよくあります。

大学時代に練習していて
たまたま近くにいた先輩から
「そのタンギング、
長いって言われない?」
なんて言われてイラッとして。

でも後で自分の演奏をよくよく
聴いてみると語尾の処理が
甘いことに気がついたり。

イラッとするのは自分の視点では
気がついてなかったり
目をそらしていたことだったり
図星だったりということの
裏返しなのかもしれません。

考え方が似ていたり感性が近い
付き合いやすい人とだけ関わっても
世界は広がらないんですよね。

眼から鱗な発見があったり
思わぬところを指摘され気付いたり
というのは
自分とタイプが違うからこそ
なのかもしれません。

もしかしたら嫌いな人こそ
自分の成長のきっかけになるのかも
と思うと周りとの付き合い方は
変わっていくかもしれませんね。

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。