楽器練習効率化ガイドブック

和音には落ち着きや盛り上がりや
色んな雰囲気の違うものが
たくさんあります。

でもそれって実は大きく見ると
3種類に分けられるんですね。

有吉尚子です。こんばんは!

たくさんある和音の性格を
一つ一つ全部覚えるのは大変でも、
たった3つだけならなんとなく
理解できそうな気がしませんか?

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-11

簡単なのでみてみましょう!

一つ目は落ち着きを感じる和音。

その和音が聴こえるとなんとなく
ホッとする安心感のある和音です。

それを「トニック」と呼びます。

どの和音がどんな役割かは
調によって変わるので
「ドミソなら必ず落ち着き」
なんてことは言えませんが
C-durで考えるならドミソが一番
代表的なホッとする和音です。

次に色付けをする和音。

これはなんとなく華やかだったり
切なげだったりと、少しだけ
盛り上がりを感じる和音です。

「サブドミナント」
という名前で呼ばれます。
ドミソに対してドファラになると
ふわっと華やかな感じですよね。

最後の三つ目は盛り上がりを
担当する和音。

これはそわそわ盛り上がって、
その次にホッとする和音に
戻りたいエネルギーのある
和音です。

戻るためのエネルギーは推進力に
なるので先に進みたいパワーが
あるんですね。

これは「ドミナント」と言います。

ドミソに対するシレソがそれです。

落ち着き、色付け、盛り上がり、
この3種類のどれが今の場面の
和音なんだろう?
なんて考えながら聴いていると
だんだん違いがわかってきます。

ぜひ試してみてくださいね!

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。