アナリーゼ ソルフェージュ 音楽理論

和音は3種類で考えよう!

Pocket

和音には落ち着きや盛り上がりや色んな雰囲気の違うものがたくさんあります。

でもそれって実は大きく見ると3種類に分けられるんですね。

有吉尚子です。こんにちは!

たくさんある和音の性格を一つ一つ全部覚えるのは大変でも、たった3つだけならなんとなく理解できそうな気がしませんか?

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-11

簡単なのでみてみましょう!

一つ目は落ち着きを感じる和音。

その和音が聴こえるとなんとなくホッとする安心感のある和音です。

それを「トニック」と呼びます。

どの和音がどんな役割かは調によって変わるので「ドミソなら必ず落ち着き」なんてことは言えませんがC-durで考えるならドミソが一番代表的なホッとする和音です。

次に色付けをする和音。

これはなんとなく華やかだったり切なげだったりと、少しだけ盛り上がりを感じる和音です。

「サブドミナント」という名前で呼ばれます。

ドミソに対してドファラになるとふわっと華やかな感じですよね。

最後の三つ目は盛り上がりを担当する和音。

これはそわそわ盛り上がって、その次にホッとする和音に戻りたいエネルギーのある和音です。

戻るためのエネルギーは推進力になるので先に進みたいパワーがあるんですね。

これは「ドミナント」と言います。

ドミソに対するシレソがそれです。

落ち着き、色付け、盛り上がり、この3種類のどれが今の場面の和音なんだろう?なんて考えながら聴いているとだんだん違いがわかってきます。

ぜひ試してみてくださいね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アナリーゼ, ソルフェージュ, 音楽理論

© 2021 聴く耳育成メソッド