楽器練習効率化ガイドブック

ミスをしないようにたくさん練習
したのに本番だけ変なミスをする
ってことはなぜ起きるのでしょう。

有吉尚子です。こんにちは!

ミスが不安になるほど熱心な方
ならテクニックの心配な箇所は
すでに何度も繰り返し練習して、
筋肉とか神経とかのフィジカル面
での問題はクリアしている
ことでしょう。

普段出来るというのはそのための
スキルはすでにある
ということですから。

フィジカル面での問題が無ければ、
脳から正しい指令が出れば
身体はそれに反応するものです。

なのに、
本番で変なミスをするというのは、
演奏のための意図があやふやに
なる瞬間があるということ。

演奏のための意図っていうのは
つまりソルフェージュ作品を
どう見せたいかの考えですね。

大事な場面の最中に今日の夜ご飯
について考える人は
多分あまり多くはいないでしょう。

20160731_174120

でも、身体のコントロールや
他人からの評価など
実は演奏そのものと関係ないことを
考えてしまうことは結構あります。

身体のコントロールについては
以前の記事で書きましたが、
他人からの評価やコンクールの成績
なんかも演奏そのものとは
全く関係のない別のトピック
なのですよね。

というのは、
他人にはそれぞれ勝手に
好きなことを考える権利があって
それを自分がはたからコントロール
できるようなものではないから。

逆に考えると
「自分のことをこう思って欲しい」
というのを強要されて相手を
どう思うか変えるということは
ほとんどの場合はないし、
そんなことを考えている時の
パフォーマンスは得てして
面白くないことからも
よくわかります。

それよりも作品の良さを伝えよう
という情熱を感じるパフォーマンス
の方がずっと魅力的だったり
しますもんね。

気をつけたいポイントの
一つですね!

こんな記事が毎日届くメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
は無料でお読みいただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。