楽器練習効率化ガイドブック

有吉尚子です。こんにちは!

忙しくて時間は無いけれど音楽を学びたい
情熱を持った生徒さんに対して、
私たちは音楽の専門家として
どんなサポートができるでしょうか。

例えば普段自分の専門外のことで
興味があってまたは何か困って専門家を頼る場合、
どんなことを期待していますか?

20160729_002422

まずは専門家ではない自分にも
わかる言葉や表現で説明してほしい、
ということは第一ですね。

それからは?

問題解決のヒントがほしいとか、
知らなかったことを教えてほしいとか、
いろいろあるでしょうが、
結局は自分の望みにどれだけ役に立つ
情報をくれるか、ということだと思います。

趣味として音楽をする方へ音楽の
色んな要素を伝えるために大切なのは、
やっている練習が生徒さんにとって
何の役に立つのかわかるようにすること。

そのためには、取り組んでいる曲の中で
楽器操作のテクニックやソルフェージュを
身に付けてしまえるレッスンは効率的です。

やりたいことに直結していて
結果も見えやすく上達が自分の目標や
音楽の楽しみに結び付きやすいので、
趣味の生徒さんを抱えてる
先生にはおすすめな方法です。

要素を統合して目的を明確化するのは
フォルマシオン・ミュジカルが
ヨーロッパの音楽学校で取り入れられている
理由とまさに同じことですね。

もちろん、もっと遠くのゴールを見て
頑張れるエネルギーと時間のある方には
要素を細かく分解して緻密に
レッスンするのもとても良いことです。

ピンと来たら取り入れてみてくださいね!

こんな記事が毎日届くメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
は無料でお読みいただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。