コミュニケーション ソルフェージュ レッスン 合奏・アンサンブル 練習

ピッチやリズムのズレだけじゃない注意したいこと

Pocket

音楽を掘り下げる上で一番大切なことってなんでしょうか。

奏法や譜読みやアンサンブルなど色んな要素がありますが、音楽はそもそも耳で聴いて楽しむものですね。

耳

ということは、
どんな探求をするにしても、またそれがどんな結果につながるのかがわかるためにも、耳の良さが絶対に必要です。

これって聴力検査で測れる数値とは全く別のものですね。

この耳の良さってつまり何なのでしょうか?

音程の高低がわかること?
絶対音感?

それとも別の何かでしょうか。

 

蓄音機のラッパで聞く女性

もちろんわからないよりはわかる方が良いものですが、音程の高低が判別できることだけではありませんね。

それにアンサンブルに必要な耳の良さというのは絶対音感のことでもありません。

繊細な音色の変化やテンポの微妙な揺らぎ、周囲との関係性などを聴きわける感覚の細やかさがアンサンブルでは大切です。

ピッチやリズムが合っているかズレてるか、そういうことはトレーナーをしている方なら普通にわかることでしょうが、生徒さんや楽団仲間に伝える時にどう表現しているでしょうか。

縦横だけでない耳の使い方、そういうことも伝えてあげられると良いかもしれませんね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-コミュニケーション, ソルフェージュ, レッスン, 合奏・アンサンブル, 練習

© 2021 聴く耳育成メソッド