楽器練習効率化ガイドブック

「嘘をついちゃいけません」

子供の頃に言われそうな言葉ですが
基本的に普段から正直でいるより
嘘をつく方が良いと思ってる人は
いませんよね。

大人になると場面によっては
そうでもないこともありますが、
それでもなんとなく嘘をつく
ということ自体に何か後ろめたい
いけないことなイメージって
あるのではないでしょうか。

有吉尚子です。こんにちは!

演奏する人に関係する嘘といえば

「自分は本当はもっと吹けるけど
 今はたまたま間違えただけ」

「もっと練習さえできていたら」

「今日はリードが良くないから」

なんていうようなものが
多いのではないでしょうか。

ハタから見るとバカバカしい
言い訳でしかありませんね(笑)

もちろん飲み会の席で冗談で
こういう発言をすることは
普通によくあるでしょうし
そんなことは問題じゃありません。

問題なのはこの客観的に見たら
バカバカしい言い訳を
自分が本気で信じてしまうこと。

たまたま間違えるってことは
何かしら意図が抜けていたり
テクニックや自分の身体や
奏法や練習に関する情報が
不足しているという証拠。

もっと練習できたらと思っても
そのための時間を確保せず
他のことを優先する選択をした
ということはもっと練習するなんて
そもそも不可能だったということ。

この場合足りないのは時間ではなく
限られた時間内で上達するために
練習を効率化するための情報。

今日のリードが良くないのは
どんな天候や状況でも
使える良い状態のリードがあるよう
リードのバリエーションをたくさん
用意しなかったということ。

自分を誤魔化すために
本当は事実ではないことを
あたかも事実のように思っていては
改善のしようがありません。

あなたにたまたまリードが
ダメな日があるのが当たり前なら
いつも良い音で演奏する人は
たまたまいつも良いリードを
持ってるということになります。

そんなバカな話はありませんよね。

日々たくさんの新しい箱を開けて
丁寧に仕込んで色んなリードを
ケースの中に常備しているからこそ
いつも良いリードを持っている
という状況が作れているのです。

大人になったら他人につく嘘なんて
はっきり言ってどうでも良いもの。

それより自分に対して
嘘をついて誤魔化していることに
気づかないことの方が困ります。

立ち止まって振り返ってみる日が
あっても良いかもしれませんね。

新着記事を見逃したくない方は
メール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
に読者登録するとメールで受け取れます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。