アレクサンダー・テクニーク レッスン 練習 身体の仕組み

上手く行った姿勢を再現できない

Pocket

レッスンのときにやったあの姿勢、すごく上手く行ったんだけれど家で試してみたらうまくいかない。

なんでだろう?

そんな風に不思議に思ったことってありませんか?

色んな姿勢を試す時、その姿勢になろうとしてまずは動いてみますよね。

目的の姿勢になる前のその動作が動きやすさを決定付けている、なんてことはよくあるんです。

姿勢というのは動きの中で存在しているもの。

だって全然身体を動かさないのに姿勢だけ変わるなんてことはありえないんですからね。

もしそんなことがあったら「ニヤニヤ笑い」だけあるのに姿が見えない不思議の国のアリスに出てくるチェシャ猫みたいです。

作りたい姿勢になるまでにどういう質の動きをしているかですでにパフォーマンスに影響する変化が起きています。

その過程を素通りして出来上がった姿勢だけに着目してもあまり意味がないしトンチンカン。

レッスンのときに上手くいったあの姿勢はどういう意図を持ってどんな動き方で作りましたか?

家で再現するときにその意図を持って動きの質にも注意を払ってみましたか?

上手く行ったことを再現したいのは「あのときの感じ」「あのときの形」ではないんです。

「あのときの意図」なんですね。

今度のレッスンでは形としての姿勢ではなくてそのときの手順と意図に注意を払ってみると役に立つかもしれませんね。

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, レッスン, 練習, 身体の仕組み

© 2021 聴く耳育成メソッド