楽器練習効率化ガイドブック

発音や立ち上がりが甘いな
と自分で感じたら、
「じゃあハッキリさせよう!」
と大体の人は思いますよね。

そんなとき、
発音をはっきりされるために
できることってどんなことが
あるでしょうか。

有吉尚子です。こんにちは!

タンギングをはっきりさせるために
舌をしっかりついたり、
アクセントを付けたりということが
考えられるでしょうか。

わたしがよくレッスンでオススメ
しているのはアクセントを
付けながら発音することです。

とはいえここでいうアクセントは
sfzのようなキツくアタックする
種類のアクセントではありません。

深く吹き込む動作を瞬時にやる
しっかり鳴らすタイプの
アクセントです。

文字では正確に伝わらないので
あまり文章にしてきませんでしたが
管楽器演奏の肝である呼吸の
コントロールを学ぶ上で
外すことのできないスキルのひとつ
だと思います。

とはいえ、はっきりさせるために
アタックをキツくする吹き方だと
ブレスコントロールよりも舌での
仕事が多くてブレスコントロールの
トレーニングとしてはイマイチ。

それに音を立ち上げるのは
舌の動きではなく
息が流れているかどうかです。

発音や立ち上がりをはっきりしよう
と思うとついつい舌で何か
コントロールをしがちですが、
それは実は本質的な問題を解決せず
一時しのぎにしかならない方法
だという場合も多々あるんですね。

そこで舌は使わずにアクセントを
つける練習をするんですね。

ロングトーンのパターンから
少しずつ段階的にアクセントを使う
進めていくカリキュラムで
鳴りや発音の甘さを改善していく
ブレストレーニングの方法を
多くの方にオススメしています。

文章だけではなかなか正確には
伝わらないかもしれませんが、
ピンときたら試してみると
面白いかもしれませんね!

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。