楽器練習効率化ガイドブック

有吉尚子です。こんにちは!

今回は聴くと耳の良くなる音源
としてヴァイオリン奏者、
ダビット・オイストラフのCDを
オススメしたいと思います。

ハイフェッツやミルシュタインも
教えたレオポルト・アウアー
という名指導者に習った
1908年生まれのロシアの奏者で、
モスクワ音楽院で教えていて
第二次大戦中も演奏活動をしていた
というヴァイオリニストです。

モスクワ音楽院は
わたしもちょっとだけ
行ったことがあるのでその時見た
雪の積もったチャイコフスキーの
銅像なんか思い出すと
こういう偉大な奏者も目にした
光景なんだなとちょっと
ワクワクしてしまいます。

リズムや和声や解釈が素晴らしい
というのはもちろんですが、
一つ一つの音の取扱いが丁寧なのに
すごくエネルギッシュで迫力もあり
どの作品もひとつひとつ違って
全部の瞬間を活き活きとキラキラと
させています。

わたしは初めは習っていた先生に
音楽的な価値観を作るために
勧められて聴いたのですが、
これはどんなものを聴いたり
演奏したりするのにも
基準として知っておく必要が
ある演奏だなと今も感じます。

録音物はたくさん出ているので
オイストラフの演奏は
もう手当たり次第に聴いても
良いくらいだと思いますが、
色んな時代の色んな作曲家の作品を
収録しているこのセットは
なんと17枚も一箱に入って
5000円しないというものすごく
お得なものなので、
とにかく手元に置いておくのに
うってつけだと思います。

(アマゾンリンク)

こういうバランスが良くて
教育的にも価値のある演奏は
毎日流し聴きするだけでも
耳に馴染んでいって
良い演奏が自分の当たり前に
なっていきますね。

アイデアを自分の表現の引き出しに
ストックするというだけでなく、
音楽的価値観そのものを作るのに
役に立つ音源だと思います。

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。