楽器練習効率化ガイドブック

本番や初めての曲のリハーサルなど
緊張するような場面で演奏
することは結構あると思います。

そんなとき、
緊張をなくそう!と思っては
いないでしょうか。

有吉尚子です。こんにちは!

緊張を引き起こすアドレナリンは
役に立たないものではなく
とっさの反応スピードを上げたり
パフォーマンスの質を高める
演奏のための大切な要素です。

とはいえ、
そわそわしながらだと演奏に
集中しにくい、
なんて思うでしょうか。

そんなときは試しに
「自分は何のためにここにいて、
 本当にしたいことは何か」
を考えてみてはどうでしょう。

そわそわのエネルギーを感じたまま
落ち着かない気分を抱えたままで
どんな風に演奏するかは選べます。

それには色んなやり方が
あるでしょうが、
自分が本当は何をしたいのかを
はっきりさせることと、
それを具体的にすることは
エネルギーが変な方向に行かず
有効に使えるようになるため
ひとつのアイデアです。

緊張をなくすというのは
せっかく使えるエネルギーを
放棄することなのでもったいないし
そんなことに努力するより
本当にやりたいことに意識を
フォーカスするほうがいい演奏を
するために有利ですよ!

ピンときたらぜひやってみて
くださいね!

こんな記事が毎日届くメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
は無料でお読みいただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。