おすすめしたいもの アナリーゼ アレクサンダー・テクニーク コミュニケーション ソルフェージュ レッスン 思考と心 練習

日本人とクラシック音楽

Pocket

音楽と言葉の関係についての興味深い本を読みました。

有吉尚子です。こんにちは!

それによると西洋音楽をするわたしたちにとって、日本人であることの影響はやはりあるようです。

でもそれは体格とか骨格とか生まれつきの問題ではなく、身に付けてきた生活習慣や言語によるところが大きいそう。

20160809_171303

そう考えると日本人だから、と諦めることはありませんよね。

その本の中で興味深かったことを簡単にご紹介します。

まず、アクセントについて。

日本語には息でアクセントをつける発音というのがほとんどなく日本語のイントネーションにあるアクセントは音程の高低によってつけられているそうです。

対して例として出されている英語はもちろん高低もありますが、強弱のアクセントがある、と。

言われてみると確かにそうですね。

日本語は音の高低でニュアンスを表現しているところがあります。

強弱のアクセントは息の圧力を使いはっきりした主張に感じられます。

そして日本語の会話では、はっきりした主張はあまり好まれません。

どちらかというと高低のアクセントは柔らかく感じられますもんね!

次に母音の扱い。

日本語では一つの子音に対して一つの母音がついています。
(です、ます、の「す」は例外的に子音だけで発音しますが。)

子音はキツくならないように柔らかく発音し、その後の母音をとても重視して、その母音の具合で感情やニュアンスを表現しているのが日本語の習慣なのだとか。

これも確かに!と思わされます。

子音をはっきり発音するには息のアクセントをつける必要があり、その息のアクセントをつける習慣があまりないわけですもんね。

よく歌い回し方で指摘されることの多い音程をまっすぐ保てない、というのはロングトーンの技術不足な場合だけでなくまっすぐではない方が通じやすいというコミュニケーションの習慣も関係しているのかもしれませんね。

もうひとつのトピックは発音のタイミングについて。

ヨーロッパの言語は狙ったタイミングに子音が合うように、そのタイミングより早くから息を流し始めて発音の準備をします。

対して日本語では、狙ったタイミングから発音の準備をし始めるので、日本語の発音の核となる母音は狙ったタイミングから遅れて発音される、と。

これはまさに演奏でもよく見られる「後押し」の原因になることですね!

そしてさらに語尾の処理について。

はっきりモノを言い切らず、相手が察してくれるのを期待して語尾をにごす

こういうコミュニケーションに慣れているために演奏時にも語尾が曖昧なままでも変な感じを受けずにいる、それに演奏者も聴く側も日本人ならなおさら違和感を感じにくい、とのこと。

フレーズの最後の切り方まで意識が行き届かない場合がよく見られるのは、こういう文化的な側面も関係していたのですね。

普段は何気なく会話でやりとりして改めて意識することは少ないですが、どれもなるほどと思わされることばかり。

色んなことが述べられてましたが総合的に見てみると、日本人に多く見られる傾向として歌って!という指示を受けると発音を遅らせて後押しをしつつ音程を動かす、ということによく表れている様子。

語尾の曖昧さについては、西洋音楽は語尾こそが結論というか色々展開してきた音楽作品の解決部分というか、とにかくとても大切な部分です。

消え入るように締めくくるのか、はっきり言い切るのか、誰かに受け渡すのか。

どうなるにしろ曖昧にいつの間にか終わっていた、なんてことはありえません。

処理が甘くなっていることに気が付きもしていないとしたら、恐ろしいことだと思いませんか?

わたしたちは普段もっている習慣には気付きにくいものですが、日本人として西洋音楽をするには知っておいて損の無いことが他にもたくさん書いてありました。

興味があればぜひ読んでみてくださいな!

傳田文夫著
「日本人はクラシック音楽をどう把握するか」
芸術現代社より

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-おすすめしたいもの, アナリーゼ, アレクサンダー・テクニーク, コミュニケーション, ソルフェージュ, レッスン, 思考と心, 練習

© 2021 聴く耳育成メソッド