アナリーゼ ソルフェージュ レッスン 練習

メロディの抑揚のつけ方

Pocket

和声に基づくアナリーゼについては少しお話しましたね。

今度はメロディーにどうやって抑揚をつけるかについてです。

有吉尚子です。こんにちは!

わかりやすくするために例えば単旋律で考えてみるとき、メロディーの持つ要素って何があるでしょう?

20160725_102651

・音程
・リズム

まずはこんなところでしょうか。

その他に単旋律からも和声を読み取れますが、それはひとまず置いておきましょう。

音程とリズムから、何となくの雰囲気だけでなく「この部分はこんな風に」というのを説明できますか?

理論の裏付けがないまま「明るく」「楽しく」「悲しく」なんて言われてもなぜそうなのかわからないままでは新しい曲をやる度にレッスンを受けて先生が言うことを丸飲みするしかありません。

それではいつまで経っても楽譜を読んで自分で考えることはできませんね。

何年もレッスンに通ってるのにさっぱり上手くならないな、なんて感じたら教わったことを無検証に取り入れるのではなく自分で考えて音楽を組み立てているだろうか、なんて
自問してみるのも良いかもしれませんね。

では、どうしたら自分で楽譜を読めるようになるでしょうか。

まずはそこがどんな場面なのか、そしてなぜそう感じるのかをなんとなくでなく具体的に言葉にしてみることです。

なぜそうなるのかわかったら他の作品でも同じ読み方をすれば自分でアナリーゼができるようになります。

趣味で音楽をやっていたって、他人から指図された歌い方を目指すだけより自分でどうやりたいか考えて演奏できる方がずっと楽しいですもんね!

旋律から単純に読み取れることのひとつは音程です。

たとえば隣の音に行くときよりも離れた音に行くときの方がエネルギーが必要です。

ドからレに進むときよりもドからソに進むときの方がエネルギーが感じられますよね。

 

エネルギーの違いは盛り上がり方の違いです。

まずはそういうところからスタートして、少しずつ複雑なことに入っていくのがおすすめです。

次の記事で少し具体的に見ていきましょう!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アナリーゼ, ソルフェージュ, レッスン, 練習

© 2021 聴く耳育成メソッド