アレクサンダー・テクニーク 練習 身体の仕組み

正しい姿勢

Pocket

「姿勢を正しく!」

なんて、楽器演奏を始めた最初の頃によく言われたなーという方は多いでしょう。

有吉尚子です。こんにちは!

では、この姿勢についてどう思いますか?

2016-07-02_19.25.20

この姿勢、特に女性に多くみられますね。

一見したところ朝礼の時の「気を付け!」に似て良い姿勢な気もします。

しかし。

これをずっとキープしよう!
なんて思ってしまうと長く続けているうちに腰痛を引き起こしてしまったりします。

ついでににブレスも不自由になるというオマケ付き。

なぜでしょうか。

これはパソコン作業をするときなんかもついやっていて腰を痛めてしまう原因になるので特に気を付けたいポイントです。

楽器を吹くときの姿勢、骨格も筋力もそれぞれなのでこれが正解!というものはもちろんありません。

ただし、
腰痛になってしまいやすかったり呼吸が不自由になりがちな姿勢というのはたしかにあります。

一見姿勢よくきれいに見えたとしても必ずしも演奏に役立つとは限らないんですね。

比較して見てみましょう。

2016-07-01_17.41.49

先ほどの反り腰の写真は一番右です。

真ん中のニュートラルな状態に比べるとずいぶん背中の筋肉がムダに縮んでいます。

これでは身体が反っていてブレスの時に柔らかく膨らむことが必要な胴体の動きを制限してしまいます。

それに常に筋肉が頑張ってる状態が長い間続けば痛くなったって当たり前ですね。

次の記事では今回と反対の猫背な姿勢について見てみましょう!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, 練習, 身体の仕組み

© 2021 聴く耳育成メソッド