アレクサンダー・テクニーク 思考と心 練習 身体の仕組み

慣れてきた初心者がハマりがちな落とし穴

Pocket

金管楽器のマウスピースのプレスやリード楽器のアゴの噛み具合、キーや弦を指で押さえる力加減、また楽器を構えた時の背中の反り具合など、感覚的なフィードバックに頼ることってありますね。

有吉尚子です。こんにちは!

ギタリストの指

最初に楽器を持つ時は
「大体これくらいの強さで圧力をかければいいのね」
なんて感覚を頼りにして覚えがちです。

とても良くあることで、それ自体は全く悪いことではありません。

では、その感覚ってどれくらいアテになるのでしょうか。

初めのうちはそういう筋肉の感覚は頼りになりますが、ずっとそれに頼るというのは奏法のバランスを崩してしまう危険もあるのです。

それってなぜでしょうか。

ジェンガ

それは、筋肉は働けば働くほど強くなるからです。

「これくらいの強さで圧力をかければいいはず!」

と思っていると、
その圧力をかけている感じを得るのにはどんどん強くしていかなければ筋感覚としての
フィードバックは返ってこないのですね。

続けていってその動作に慣れるとだんだん

「あんまり力が入ってない感じがする」

という感じ方になるわけです。

さらにもうひとつ、感覚にずっと頼れない理由があります。

それは、痛みや圧力としての感覚は感じ続ければだんだん鈍くなるということ。

初めにこれくらいだな、と思って覚えた圧迫感や痛みは、慣れてくるとあまり感じなくなってきます。

初めは重かった荷物が何日かするとだんだんなんともなく持ち歩けるようになるのと同じこと。

かばん

圧迫感や痛みを頼りに奏法を考えていると、その痛みや圧迫感を感じられるようにどんどん強く刺激を加える必要が出てきてしまいます。

例えばリード楽器でどんどん重い仕掛けにしていってしまうような泥沼はこんな理由ではまるのですね。

では何を頼りに奏法をコントロールしたら良いのでしょうか。

長くなるので続きはまた次の記事で!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, 思考と心, 練習, 身体の仕組み

© 2021 聴く耳育成メソッド