音楽理論

なぜ楽典をやった方が良いのか3つの理由

2021/3/24  

やっぱり楽典ってやった方が良いのかなあ・・ と思いながら何年も着手できない楽典。 漠然と「なんとなく良さそう」とは思っても実際にどう役に立つのかわからなければただめんどくさいだけ。 いつまで経ってもや ...

初心者より経験者の方がわかってないこと

2021/4/12  

「楽典、昔ちょっとやったからどんなものかは知ってる」 そんな風に言ってしまう人ってせっかくやったはずの理論が演奏に全く結びついてないことがとても多いのです。 やったはずならわかってるでしょ、と思うかも ...

音程の名前は響きのイメージを表してるのです

2021/4/12  

ドとミの二つの音がせーので同時に鳴ったらなんだか明るい気配を感じます。 ではレとファが鳴ったらどうでしょう? レとファが同時に鳴ると、ドとミほどは明るくないちょっとだけ陰りがあるような印象じゃありませ ...

アクセントは大きく吹くもの?

2021/4/7  

アクセント記号が書いてあるとき、ただ強くしようとして音をぶつけるように吹いてはいないでしょうか。 静かでゆったりしたフレーズの中でsubit f のようなびっくりさせるための表現ではなくフレーズの頂点 ...

和音の進行をシンプルに見る

2021/4/6  

前回の記事で取り上げたシェンカー分析について、今回は和音の読み解き方をちょっとだけご紹介します。 まず前提として、飾りを外して大きな骨格をみてフレーズの方向性や構造を知るというのがシェンカー理論の根本 ...

フレーズの骨格がわかる分析法

2021/4/6  

旋律をシンプルに単純化して曲の骨格を見ていくアナリーゼの方法があるのです。 普段わたしたちが目にしてる楽譜は色々と飾られているのですね。 シンプルな旋律線の骨格を滑らかにしたり激しくしたり華やかにした ...

テンポを上げなきゃ間が持たない

2021/4/1  

指の練習って楽器演奏をする人なら誰でもするものでしょうが何のためにするんでしょうか。 わたしたち演奏者は指を速く動かすために指の練習をしたいというわけではありません。 じゃあ何のために指の練習をするか ...

楽譜を分析する暇がないときに

2021/4/1  

楽譜の中で明るい部分と少し陰りのある色合いの部分、演奏していると雰囲気が変わるなと感じる部分ってありますよね。 それはどうして違って感じられるか知っていますか? 楽譜を見てみると鳴っているハーモニーが ...

苦労するなんてバカバカしい

2021/3/30  

「スキルを身につけるには苦労するべき」 なんていじわるだと思いませんか? 音大や受験準備のためのクラリネットやソルフェージュの個人レッスン、ダルクローズのリトミックやアレクサンダー・テクニーク、いろん ...

努力だけじゃ裏切られます!

2021/3/30  

1時間しかないお仕事の昼休みにカラオケまで行ってたった15分だけでも音出しをしたり、 家族のご飯を用意してから練習に出かけたり、 子供が寝てるスキを見計らって譜読みをしたり、 本当は疲れてて早く眠りた ...

© 2021 聴く耳育成メソッド