アレクサンダー・テクニーク レッスン 練習 身体の仕組み

舌の位置をどうやって確かめたらいいですか

Pocket

有吉尚子です。こんにちは!

読者さんのご質問で多くの方が気になっていそうなトピックに公開記事としてお返事をしてみます。

===ご相談文===

アマチュアのサックス吹きです。

高音域を出すときには、舌の位置を高くすべきだ、あるいは口腔内を狭く(空気の通り道を狭く)すべきだ、との指導をしばしば耳にしますが、実際に楽器を吹く段になると自分の口の中で舌がどういう形をとっているのか、充分に高くなっているのかどうか、把握が難しく感じられます。

全く分からないというほどではないのですが、雲を掴むような感じでスッキリしません。

また、息の向きを変えるというアドバイスもしばし聞きますが、本当に息の向きは変わるものでしょうか?

練習するヒントがあれば教えて頂けますと幸いです。

よろしくお願いします。

サックス S.Jさんより

===ここまで===

吹いているときの舌の形、見られたらすごくいいですよね。

普段の演奏中にはできませんが、サラ・ウィリスさんというホルン奏者が吹いているときの口の中の断面をMRIで撮影した動画は一時期話題になっていましたね。
https://youtu.be/MWcOwgWsPHA

個人差も金管と木管・リード楽器という違いもありますが、この動画は興味深いですね。

実際にご自身の口の中がどうなっているかも気になるところではありますが、わたしがオススメしたいのは音の変化から状態を想像することです。

演奏中に口に中の状態をコントロールしたいのはやはり出したい音があるからなので極論、舌がどんな形になっていても望んだ音が出ていればそれで良いということになると思います。

それに慣れたり筋力によって感覚が変化したりで「感じ方」を頼りに一定の状態にしておくことは難しいのです。

さらに演奏は舌や他の身体の一部が一定の正しい位置・状態にあればそれで安泰という単純なものでもありませんしね。

レッスンではだいたい音を聴いて口の中が広すぎて音がこもったり遠鳴りしにくくなっているなとか圧力を作れていて良く鳴っているななど音の情報から推測しながらアドバイスをしたりします。

それにはやはり耳の精度と身体がどんな風に変わると音にどう影響するかという経験と知識が必要ではありますが、口の中を見て正しいかどうか判断するというわけではないのですね。

口の中の状態を色々変えてみてどんな音の変化があるかを広さや響き方の違う色んな会場で吹いて録音してみたり、耳の信頼できるお友達に聴いて貰ったりなど実験してみると少し明確になるかもしれません。

よかったら試してみてください。

息の方向については長くなるのでまた別の記事で取り上げますね。

「質問してみたい!」という方は登録後届いたメール講座への返信でお送り下さい。

日々たくさんのメッセージやご質問をいただいているため全部にお返事は出来ませんが必ず読ませて頂いております。

直接見ないと何ともいえない個別ケースは実際のレッスンでご相談いただいておりますが、多くの方が気になっていそうなトピックには公開記事としてお返事をしています。

質問はないけれど感想を伝えたい!という方も大歓迎です。

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, レッスン, 練習, 身体の仕組み

© 2021 聴く耳育成メソッド