楽器練習効率化ガイドブック

有吉尚子です。こんにちは!

脳のしくみについて、
音楽やスポーツなど練習が必要な
分野では参考になることが
たくさんの本があったので、
いくつか印象的だったことを
引用しつつご紹介しますね!

「最新脳科学で読み解く脳のしくみ」
サンドラ・アーモット、
サム・ワン 共著
東洋経済新報社より

まず興味深いなと思ったのは
「ある記憶を意図的に強化するのも
 つい悪いことを予測
 してしまうのも、
 結局脳では同じことが
 起きている。」
ということ。

俳優さんやスポーツ選手が
望む結果を何度もイメージするのは
脳の中に強い心的イメージを
生み出す役に立つ、
ということが例に挙げられていて、
いわゆるイメトレで良い結果に
結びつけるのも
「悪いことが起こるんじゃないか、
失敗するんじゃないか」
と思い続けた結果それを引き寄せて
失敗するのも同じことなんだそう。

そして過去の悪いことを
繰り返し思い出すと、
トラウマを作り出すんですって。

考えてみると恐ろしいですね。

とはいっても辛いこと悲しいことを
つい思い出してしまうのは
自分の努力不足などのせいではなく
出来事の強烈さによる
当たり前の反応なので、
トラウマを消す治療としては
それが思い浮かんだら
違うことをするように決めておく
(手首に巻いておいた
ゴムを引っ張る、
身近な人に指摘してもらって
話を変えるなど)
ことが有効なんだそう。

手首のゴムなんか些細なことですが
きっとその辛い記憶と無関係
であることが大切なんでしょうね。

ブレスレットのビーズの数を
かぞえるなんてのも
良いかもしれませんね。

また例えばコンサートの本番で
失敗てしまったことが忘れられず
たびたび思い出すなら、
次にそうならないために
何ができるかを建設的に考える、
というのも役立つかもしれません。

次に
「ストレスを受けた時に出る
 ホルモンは学習効率を上げる。
 慢性ストレスは脳を傷付け
 逆に学習効率や記憶力を下げる」
というのは、
なにくそ!と思ったときに
上達する人がいるのは
それだということですね。

そして自己否定をし続ければ
慢性的にストレス状態になるので
上達はしにくいというのは
興味深いです。

音大出身者や趣味としても真剣に
音楽に向き合って来た方には
わかることかもしれません。

「自分は劣ってる」という
自意識を燃料にして
これまでやってきたけど、
あるときからその燃料では
稼働できなくなったり
疲れはててしまったりするのは
こういうわけなんですね。

まだ興味深いことがあるのですが
長くなるので続きは次の記事で。

「最新脳科学で読み解く脳のしくみ」
サンドラ・アーモット、
サム・ワン 共著
東洋経済新報社より

アマゾンリンク

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。