アレクサンダー・テクニーク 練習 身体の仕組み

肩は上がってもいい

よくあるブレスの勘違いに
「肩があがってはいけない」
なんてことを聞きますね。

有吉尚子です。こんにちは!

肺に空気が入って膨らんだり
空気を出してしぼんだり
するのが呼吸ですから、
肺のまわりは吸い込んだら
膨らむものですね。

肺というのは横隔膜のすぐ上から、
鎖骨よりも上まである
大きなものなのです。

そこで肩を上げないようにと
肩の引き下げを行うと、
空気を吸い込む動作の邪魔を
してしまうことになります。

身体が膨らむにつれて
肩も上がるというのは
自然なことなんですね。

ためしに思いっきり肩を挙げながら
息を吸ってみましょう。

吸ったら肩を降ろしながら
息を吐きます。

2、3回試してみてください。

どうですか?
吸いにくかったですか?

むしろ吸いやすかったですよね。

ただし、肩の上げ下げを意図的に
したら肩から背中が疲れますね。

実際のところ、助けにはなるけど
これはやりすぎかもしれません。

でも、自然に動く範囲のことを
邪魔しないというのは
とても大切です。

ぜひ取り入れてみてくださいね!

こんな記事が毎日届くメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
は無料でお読みいただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。
メール講座

受信形式

HTMLメール

文字メール

-アレクサンダー・テクニーク, 練習, 身体の仕組み

© 2020 聴く耳育成メソッド