アナリーゼ ソルフェージュ 練習 音楽理論

cedezとritardandoの違い

今日は閑話休題、
楽譜にある言葉の意外な意味
についてのお話です。

有吉尚子です。こんにちは!

新しい楽譜を手にして、
知らないことが書いてあったら
とりあえず辞書で調べますよね。

そのときに、
何の辞書を使いますか?

わたしは楽語については音楽辞典
ではなく普通のイタリア語や
フランス語など原語の辞典
使うのをオススメしています。

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-2

なぜというと、
たとえばallegroは音楽用語の
快速テンポという意味だけではなく、
イタリア語では陽気な・快活な
という意味なのです。

それを知っていると
ただ単に速い、というのとは
捉え方が変わりますよね。

他にもmoderatoは音楽辞典
にあるのは「中くらいの速さで」。

中くらいってあやふやですが
イタリア語では控え目な・
無茶しない・抑えた、
となってます。

adagioはくつろいで。

largoは幅広い・ゆったりとした・
気前の良い・偏狭でない。

cedezはフランス語で
譲るという意味です。

ritardandoと同じ、なんて
言われてしまったりしますが
ニュアンスが違うのですね。

schnelleはドイツ語で速い
という意味の他に急流・早瀬
という意味もあります。

フェルマータfermataに
至っては停留所・駅・
立ち止まること、ですからね。

音を長く伸ばす、
ではないのですよね。

まだ知らなかったことは
もちろんですが、
すでに知ってることも
原語の辞書でもう一度見てみると
新たな発見があって
面白いかもしれません。

それでは、また次の記事で!

こんな記事が毎日届くメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
は無料でお読みいただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。
メール講座

受信形式

HTMLメール

文字メール

-アナリーゼ, ソルフェージュ, 練習, 音楽理論

© 2020 聴く耳育成メソッド