アレクサンダー・テクニーク 練習 身体の仕組み

息を吸いたいのに実は吐いてる?

Pocket

管楽器奏者にとっていつもブレス・呼吸のことは気になるトピックですよね。

有吉尚子です。こんにちは!

ブレスについて特に多い勘違い、それは吸い込むことについてなんです。

20160816_182101

当然、多くの奏者は吐くときにかける圧力についてはよく考えます。

吹奏楽でよく聞くワード、「お腹の支え」などですね。

では吸うときってどうでしょう。

ノドとか舌で何かするよりもまず吸うときにまず一番必要なのは「吐くのをやめる」ことです。

何をバカなことをと思われるかもしれませんが、吐きながら吸ってる人は意外にもかなり多いのですよ。

どういうことかというと吐くときに頑張っている筋肉は吸うときは緊張をやめて弛む必要があるということ。

吐くときに頑張っている筋肉はお腹を回りにあるいくつかの筋肉です。

これが息を送り出す方向に頑張ったままだと、当然吸い込める量は減ります。

吸い込む動きに対立して邪魔をしてしまうのですね。

「お腹の支えをキープしよう」なんていう意識が強いと、息を吸うときにもうっかりお腹を固めてブレスの動作を邪魔しているということがよくあります。

まずは吐く時の筋肉の働きを解除、そうすると人間の身体は生きてる限り空気を吸い込む機能が勝手に働きます。

この自然なリズムは寝そべって呼吸してみると簡単に確認できます。

寝そべって演奏するわけではないので立った時とは状況が違いますが。

効率的に息を吸いたければまずは息を吐くのをやめること、試してみてくださいね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, 練習, 身体の仕組み

© 2021 聴く耳育成メソッド