アレクサンダー・テクニーク レッスン 思考と心 練習

レッスンを受けるレベル

「レッスンに行くのは
もっと上手くなってから」

「自分はまだ教わるほどの
レベルじゃないし」

なんて声をたまに耳にします。

有吉尚子です。こんにちは!

これ、不思議だなと思うんです。

出来るようになる方法を知っていて
それを自分で実践できるなら
確かにレッスンを受ける必要は
ありませんよね。

でも出来ないことがあるのは
出来るようになる手順を
知らなかったり、
何が上手くいってないかが
自分でわからないから
ではないでしょうか。

やみくもに独学で続けていれば
「レッスンを受けるレベル」
にいつかなるというのは
不思議な理屈だなと思うんです。

人それぞれなので良いとかダメとか
いうことではありませんけれど、
レッスンは練習のしかたや
できていないのがどこなのかを
知るためにあるんです。

もしも独学でやってるうちに
おかしなクセがついてしまえば、
本当に上達する手順を知った時に
その無駄なクセを忘れるという
厄介な工程が必要になります。

ゼロからやり直すどころか
マイナスからのスタートにさえ
なってしまうんですよね。

わたしはそれは時間も労力も、
もったいないと感じてしまいます。

効果の出る方法で練習すれば
すぐできるようになるのに、
効果の出る方法を探すことから
始めるなんてライターを使わず
火打ち石で火をおこすようなもの
だと思うんですね。

出来ないことがあるなら、
上手くなる方法を知らないなら、
余計な回り道をしたくないなら、
音楽に限らず何事も
まずは専門家に教わっておくと
後々有利になることが
多いかもしれませんよ!

新着記事を見逃したくない方は
メール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
に読者登録するとメールで受け取れます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。
メール講座

受信形式

HTMLメール

文字メール

-アレクサンダー・テクニーク, レッスン, 思考と心, 練習

© 2020 聴く耳育成メソッド