楽器練習効率化ガイドブック

有吉尚子です。こんにちは!

この頃ちょこちょこCDの伴奏で
演奏する機会があります。

クラリネットはアンサンブル楽器
なので全くの無伴奏って
あまりやることがないのです。

1本で演奏して欲しいとなったら
ヴァイオリンやチェロ、フルート
などの無伴奏作品を取り上げたり
クラリネットのオリジナルなら
近現代の作品を取り上げることに
なるんですが、
近現代の無伴奏ソロの作品は
調性も拍子もないようなものが
多いのでリサイタルでないイベント
みたいな場面ではなかなか
演奏されないのですね。

休日お買い物ついでの通りすがりに
立ち止まってみようかな?
というテンションのお客さんが
楽しむのには
少し敷居が高いんです。

そういう無調無拍子無伴奏の作品は
「よし!クラシックを聴くぞ!」
というテンションのお客さんに
楽しんでいただけるプログラム。

音楽といえばアイドルの歌、
というイメージを持ってる人に
いきなり現代曲を聴きましょう、
というのは普通に考えて
ちょっと無理がありますよね。

そういう方にも
「今度はコンサートホールにも
 出かけてみようかな?」
なんて思ってもらうには
どうしたらいいんでしょう。

これってコミュニケーションの
部分のお話ですね。

誰でも日本人の2才の子供に
ロシア語で哲学の話を振ったりは
しないと思います。

相手が子供なら理解できるように
簡単な言葉を選ぶでしょうし、
歳を重ねた方に対するなら
敬意を持った言葉遣いにしたり
しますよね。

「ファミリーコンサート」
なんてタイトルで演奏するときの
プログラムに、
前半はクラシックで後半はポップス
なんて組み方をよく見かけます。

でもこれ、
「まずはわたしの話を聞いて!
その後であなたの話を聞きます」
と言ってるみたいなものだなと
思うんです。

まずは相手の目線に立って不安なく
居心地よく感じてもらってこそ、
こちらの話に耳を傾けて
もらえるのではないでしょうか。

「知ってる曲だ!
大丈夫、音楽は難しくない!」
とう感じてもらえたら、
解説しつつ近現代の無伴奏作品を
取り上げても意外に面白く
聴いてもらうことができるんです。

演奏する側は事前にしっかり
準備してドキドキしながら
クラシックの名作に取り組むので
早いうちに終わらせて
後半はポップスで気楽にやりたい、
そんな風に思うかもしれません。

でもそんなのは演奏者の都合です。

普段は音楽に親しみのない方が
初めて耳にする曲が
気合いの入った大作だったら、
びっくりしてしまうかもしれないし
「やっぱり音楽はわからない」
なんて心を閉ざしてしまうかも
しれませんよね。

相手に通じる言葉を選ぶって
何事にも通じること
なのかもしれませんね。

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。