コミュニケーション レッスン 合奏・アンサンブル 思考と心

「正論だけどムカつく」アドバイス

Pocket

他人に何か指摘されたとき、「言ってることは間違ってない正論なのになんだか受け入れたくない」なんて思ったことはありますか?

有吉尚子です。こんにちは!

きっと社会人なら少なからずそういう体験はしたことがあるでしょう。

そんなとき、ただ腹を立てたり嫌悪感を抱くだけでなく、その人の何が受け入れたくない要素なのか考えたことはあるでしょうか。

・言い方が命令口調だった

・共感的に言って欲しかった

・昔こっぴどい振られ方をした

・その人の口が臭かった

・顔がキライ

などなどそれぞれのケースで理由はいろいろあると思います。

では。

厳しいことを伝えられてるのにこの人の言うことなら信用して受け入れようと思うのはどんなときでしょう。

例えばやったことに対する努力を認めてくれたり、気持ちに共感してくれたり、頭から全部否定されたとは感じさせない配慮があることは受け入れたくなる要素の一つではありませんでしたか?

それでは今度は我が身を振り返ってみましょう。

自分がレッスンや何かアドバイスをするときにどんな風に伝えていますか?

「これがダメだよ」なんて相手のことを否定するだけの表現をしてしまうことはありませんか?

ダメであろうとする意図でわざわざ行動する人はいませんから何をしているにしろなにかしら肯定的な意図があってやっていることなはずです。

何を目指していてどんな肯定的な意図があるかに目を向けずにただダメ出しをされたら、「正論だけど何となくムカつくから従わない」なんて思ってしまうのは自然なことではないでしょうか。

顔やらそもそも持ってるにおいや昔振られたことなんかはどうにもならないかもしれませんがほんの少しの言葉の選び方に配慮のあるかどうかで良いことを伝えてるはずなのに拒否されてしまってはお互いにとって機会と時間がもったいないことですよね。

ピンときたら気にしてみるのも良いかもしれませんよ!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-コミュニケーション, レッスン, 合奏・アンサンブル, 思考と心

© 2021 聴く耳育成メソッド