アレクサンダー・テクニーク レッスン 思考と心 練習 身体の仕組み

出来るまで繰り返すのはやめましょう

Pocket

出来たり出来なかったりするのが練習だと思っていませんか?

有吉尚子です。こんばんは!

練習というのは成功体験やそれをやるときに何を意図するかなんてことを積み上げていく作業です。

はじめはゆっくりのテンポからやりましょうとはこの記事シリーズでは耳にタコができるほど繰り返しお伝えしていますが、そのときに出来たり出来なかったりするということはそのテンポは自分にはまだ速すぎるんだと思っていいでしょう。

音は絶対に間違えないしテクニック的にも余裕があるというテンポが練習スタートのときに選びたいテンポです。

「運が良ければ成功する」なんていうのは練習ではなくギャンブルみたいなものですし、どういう意図で何をしたら成功するのかという確かな情報が得られないという意味で再現性がありません。

というと「やりながら身体で覚える」なんて言う声もありそうですが、間違った音を出したらそれが良い悪いどう思っているかに関わらず脳は記憶していきます。

間違った動きも身体は覚えているんですよ。

出来た体験を積み重ねていくには少しずつテンポを上げていくときにある程度のところで引っかかったり間違えたりすることが出てくるでしょうが、その引っ掛かりの原因を見つけて解決し、「もう絶対確実にできる!ゆっくりのときと同じように心にも余裕がある」と思うようになってから次のテンポアップをしましょう。

そうでなければそのテンポではまだ出来ていないということですからね。

ちゃんと出来てから次に進むという練習をしたら「できた!」の積み重ねになって自信だけでなくそれを正しく行うための意図することや手順も身につけていくことが出来ます。

出来たり出来なかったりするのは成功するための意図を選んだり手順をやるための時間が足りない、つまりテンポが速すぎるのが一因になっています。

その成功のための意図や手順がわからないって場合は、情報不足なのでレッスンを受けたりできている人にやり方を尋ねたりする必要がありますね。

出来るか出来ないかはともかくとにかく繰り返す!なんてことはわたしも練習方法がわからない頃によくやっていましたが、はっきり言って時間のムダですから忙しい大人に向いた方法ではありません。

出来るまで繰り返すのではなく出来た体験とその意図や手順を積み上げて行きましょう。

参考にしてみてくださいね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, レッスン, 思考と心, 練習, 身体の仕組み

© 2021 聴く耳育成メソッド