アレクサンダー・テクニーク 身体の仕組み

骨盤底筋の働く方向を知ってますか?

骨盤底筋って覚えていますか?

このページの記事は本数が多いので
多分全部読んでいない方が
ほとんどでしょうから
見逃して初めて聞いたということも
あるでしょう。

有吉尚子です。こんにちは!

改めて書いてみると、
管楽器の吹き込みのときに
とってもパワフルに働く筋肉に
骨盤底筋というのがあります。

胴体の一番下から内臓を押し上げる
という仕事をするので,
押された内臓が横隔膜を押し上げ、
その横隔膜が肺を圧迫して
空気を押し出すのに役立つのです。

吹く時には下から上への圧力が
かかっているというのを考えると
こんなイメージを持ちませんか?

でも実際にはこんな風に
真下から真上という方向で
圧力がかかっているのではなく、
骨盤の傾きがあるので
胴体の斜め後ろ下から
斜め前上に向かって
吹き込みの圧力がかけられている
というのが事実により近いのです。

実際に真下から真上に向かって
圧力がかかってるんだと
思いながら吹く時と
斜め後ろ下から斜め前上に向かって
圧力がかかってるんだと
思いながら吹く時の吹き心地や
出てる音を比べてみましょう。

こんな些細なことでも
音が全然違ってくるというのは
面白いものですよね!

演奏するときには
骨盤底筋が働いているというのを
知っていると助けになります。

でも事実とは違う位置で
事実と違う方向に働いているという
イメージを持ってしまっては
せっかくの知識が演奏スキルとして
活かしきれないばかりか
逆に変な動きを招く原因になったり
してしまうこともあるのです。

どうせ知るなら半端な聞きかじりは
無駄どころか害になることもあるし
ちゃんと学びたいところ。

まして自分でもあいまいなまま
「横隔膜を使って!」
なんて何をどう働かせたらいいか
あやふやなことを指導の中で
言ってしまってないか
振り返ってみたいものですね。

こんな記事が毎日届くメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
は無料でお読みいただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。
メール講座

受信形式

HTMLメール

文字メール

-アレクサンダー・テクニーク, 身体の仕組み

© 2020 聴く耳育成メソッド