楽器練習効率化ガイドブック

有吉尚子です。こんにちは!

レッスンや講座には
新幹線・飛行機・夜行バスなどで
通われてる方も多いですが
今回は愛知から入門講座、
そして体験個人レッスンに
いらっしゃったサックス吹きさんの
実際に受けてみたご感想を
紹介いたします。

▼ここから▼

先日はありがとうございました。

先日のレッスンでは、
己のできなさ、というか、
できてないことに気づかない
自分の耳に、
まずまずのショックを受けた
という感じです

●このレッスンの感想や学んだことを
お書きください。

楽曲分析は、
自分でも簡単な曲で
応用できそうです 。

面白そうです。

ソルフェージュは、
こんなものかなと思っていた
概念がくつがえって今のところ
戸惑いのほうが大きいです

●特に印象に残った瞬間が
ありましたらその理由と併せて
お聞かせください。

拍打ちをメトロノームに
合わせるのではない、
自分の拍打ちのズレを
確かめるためだ、
というのが初め意味が
わかりませんでしたが、
途中でなんとなく
理解できた気がします

やることは同じでも、
どういう意図でやるかで
意味が違ってくるんだと思いました

●有吉尚子ってこんな人でした。

思ってたよりずっと背が高い方でした

●このレッスンはどんな人に
オススメですか?

上達したい、
前進したい人皆さんにオススメです

●これからレッスンを
受ける方に一言!

未体験のことが
いろいろ起こると思いますよ!

愛知県 学校非常勤講師
Coryさん 50代
楽器: アルトサックス

▲ここまで▲

アナリーゼって奥深くて複雑な
印象があるものですが
やり方のヒントをいくつか知ると
ごく簡単な部分ならすぐに自分で
できるようになってしまいます。

和声や旋律や構造や調の関係など
奥深いので学ぶこと自体も
楽しいものですが、
自分で出来るようになったことを
実感する瞬間は嬉しいものですね!

ソルフェージュは歌ったり聴いたり
というイメージが一般的ですが
耳の精度を上げるのは着目する
ポイントがいくつかあるんですね。

ただぼんやりと進めていても
何も変わりませんがそのポイントを
的確に押さえていくと見える世界が
どんどん変わってくるもの。

スキルが上がってくると
今までと同じものを聴いても
受け取れることが段違いに増えて
とっても面白いのですよね。

ぜひ今回のポイントを押さえて
ご自身でも引き続き
やっていってみてくださいね!

Coryさん、
どうもありがとうございました。

レッスンの詳細を知りたい方は
こちらからどうぞ。
▼▼▼▼▼
https://open-eared.com/how_to_learn/

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。