アナリーゼ 音楽理論

音程の名前は響きのイメージを表してるのです

Pocket

ドとミの二つの音がせーので同時に鳴ったらなんだか明るい気配を感じます。

ではレとファが鳴ったらどうでしょう?

レとファが同時に鳴ると、ドとミほどは明るくないちょっとだけ陰りがあるような印象じゃありませんか?

ドとミは「ドレミ」で音が3個の距離。

レとファも「レミファ」で3個の距離。

音の間隔は同じような気がしますよね。

「さっぱりわかんない想像もつかない」って方はソルフェージュ力が足りていないのでピアノアプリか何かで実際に音を出してみましょう。

この印象の違いって「長三度」と「短三度」の違いです。

音の距離には名前がついていて、その名前は一緒に鳴ったときにどんな印象の響きになるかを表してます。

だから分かってる人は「ドとミ」のときと「レとファ」のときは音色やニュアンスも変えるのです。

それが楽譜を読むということ。

楽典はそんなことができるための知識を身につけさせてくれるのですよ。

ただ机上の空論で役に立たない理屈をこねているマニアのためのものじゃもちろんありません。

音でなにか表現したいと思うすべての人が基礎として知っておきたいことなのですね。

「なんとなく必要だって言われる」

「何の役に立つのかわからない」

そんな風に思っていると後輩や生徒さんに教えるときにもあやふやで何となくのことしか伝えられないでしょう。

どうして必要なのか、何に役に立つのか、一度考えてみると演奏レベルのアップにもつながっていくかもしれませんね。

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アナリーゼ, 音楽理論

© 2021 聴く耳育成メソッド