アレクサンダー・テクニーク ソルフェージュ 思考と心 本番 練習 身体の仕組み

衣装よりパジャマの方が吹きやすい

Pocket

本番のときにパジャマで演奏したことはありますか?

本番の衣装って白黒や黒黒だけでなくドレスや燕尾など色々ありますよね。

それを普段から着慣れてるという方はとっても少ないでしょう。

わたしたちは普段着で楽器を吹くことに慣れているし、なんなら人生で一番たくさん着る服はパジャマです。

ヨレヨレボロボロになるまで徹底的に着倒したパジャマって最高に快適なのですよね。

そしてたまにしか着ない、全然慣れていない服を大事な本番で着ているわけです。

肩周りの動きやすさやウエスト、肋骨周りの柔軟性やベルトの硬さ、そんな衣装の事情によって音質は全く変わってくるもの。

だって音質って物理的な振動であり身体や会場にどんな風に伝わるかで変わるのですから。

ということはいい加減な服を着て演奏するというのは自分の出す音をコントロールしようとせずどうでもいい演奏をするのと同じ。

そう思いませんか?

シビアな現場にいる人ほど音質や響かせ方には気を配ります。

そして音質に影響の大きな身に付けるものにもこだわるもの。

その方が音が良く音楽に集中できるという理由でステージでは靴を履かないヴァイオリン奏者もいるくらい。

もちろん名演奏家はどんな会場でどんな楽器でもいい演奏をするでしょう。

それはどんな場面でも的確な音質のコントロールをできるから。

決して「気にしていないから」ではないのです。

別に気にならないくらい精密なコントロールをするのが当たり前になっている、ということなのですね。

それならそこまでコントロールの精度が高くないわたしたちはより注意深く耳を使う必要があるし少しでも音を損ねる可能性のある慣れない窮屈な衣装は選ばない、という工夫はするのが本当です。

身体を締めつけて呼吸が不自由になってしまったり腕や肩や足が動きにくいような服を選ばないならもしかしたら演奏する上ではパジャマが一番かもしれません。

現実的にそうはいかなくてもわたしたちにとって音色は命。

衣装で音質が変わることに無頓着でいたくないものですね。

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, ソルフェージュ, 思考と心, 本番, 練習, 身体の仕組み

© 2021 聴く耳育成メソッド