アレクサンダー・テクニーク 思考と心 練習 身体の仕組み

飛び出さないかすれない発音

Pocket

休符の後や長い休みの後の入り、発音の瞬間に音がかすれたり遅れたり飛び出したりせずにちゃんと出られるかどうかドキドキしますよね。

大きく思い切って出るよりむしろ静かに丁寧に発音したいときほどうまく出来るかどうか心配になるのではないでしょうか。

ゲネでちゃんと音が出たからってリードや唇がそのままの状態というわけはありませんし、本番中に作品と関係のない音出しをするわけにもいかないし、その瞬間にどうなっているかの出たとこ勝負にドキドキしてしまうというのは当然のこと。

そんなときに助けになるのは練習段階でどれだけ丁寧に発音について探求しておいたか。

これくらいの噛み具合で息の量やスピードがこれくらいで唇の締め具合がこんな感じで、というバランスのバリエーションをたくさん知っておくのはとっても役に立つのですよね。

とはいえ発音に必要な力や圧力はもちろん湿度や空間の吸音の具合や気温なんかに左右されるもの。

なので噛み具合や息の圧力などのバランスが色んなグラデーションで捉えられているとこのアンブシュア」という固定化した奏法ではなくその時々でやりたいことに適した奏法を選べたりするのです。

それには実際に吹いてみながら「もうちょっとで音が出るな」と感じつつ丁寧に音に触るように発音する経験をたくさんすること。

一か八か吹いてみて「あ、出た!」という発音をいくら繰り返しても何度もまぐれ当たりするだけでグラデーションはきめ細かくなっていかないのですね。

パンっと当てるような発音も実はその丁寧にちょっとずつ発音していく奏法が素早く行われているもの。

発音の練習をするときにぜひ参考にしてみてくださいね。

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, 思考と心, 練習, 身体の仕組み

© 2021 聴く耳育成メソッド