アナリーゼ アレクサンダー・テクニーク 合奏・アンサンブル 思考と心

もうすぐソロがくる!という緊張

Pocket

合奏の中でちょっとだけ出てくる自分のソロのフレーズ、近づいてくると「きたきた!やばいもうすぐだ!」なんて思っちゃうときってありますよね。

ずっと合奏の中で音を出していて実はちょっと隠れた気分でいたのに急に目立つフレーズがくるとついドキドキしちゃうのは自然なことですね。

でも客観的に冷静に考えてみると自意識過剰かもしれないな、なんて思いませんか?

そうなのですよね。

実際に自分がお客さんとして客席に座っているときには誰かのソロだけを注意して聴いて間違えるかどうかチェックなんて別にしていません。

はっきり言ってお客さんとしては個人のソロの出来や不出来なんて全然興味ないのです。

オーケストラ全体の流れやバランスや絡み合いや色合いやニュアンスの変化など作品の魅力を聴いているのですよね。

そう思うと「きたきた!」なんてドキドキしてるのがバカらしくなってきませんか?

だってそんな風に自分にばかり注目してるのは他ならぬ自分だけなのですから。

あなたのソロは全体の中でどんな役割の部分なのでしょう。

作品全体を通した中の一番の見せ場なのでしょうか。

ちょっとした色合い付けの役割なのでしょうか。

それとも場面転換の繋ぎですか?

自分としてはドキドキする場面だとしても他の人のソロやtuttiと同じように聴かれていて、本当はそのソロ部分だけ注目を集めてるわけじゃないのです。

アナリーゼの視点があって音楽や作品を大きな視野で見ればそんなことにも気がつくので無駄な緊張をすることも減っていくかもしれませんね。

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アナリーゼ, アレクサンダー・テクニーク, 合奏・アンサンブル, 思考と心

© 2021 聴く耳育成メソッド