楽器練習効率化ガイドブック

有吉尚子です。こんにちは!

大阪での個人レッスン会に京都から
来てくださったオカリナ吹きさん。

演奏するときについ力が
入ってしまったり、
音が出なくなってしまう
ということで
アレクサンダー・テクニークに
興味をお持ちだったそう。

身体の使い方って実は直接的に
「ここをこう動かしてみましょう」
なんてことだけではあんまり効果が
無いことも多いんです。

今回は緊張が原因になっているかも
とのことだったので、
思考とココロの面から身体に影響を
与えているのは何なのかを
調べてみるレッスンになりました。

そんなレッスンのご感想を
紹介いたします。

▼▼▼ここから▼▼▼

昨日はありがとうございました!

東京までは、無理やなぁ…
と諦めていた時に大阪での
個人レッスンを受ける事が出来、
有吉さんと出会えて良かったです。

教えていただいた事、
気づかせていただいた事、
最初は時間がかかりそうですが、
自然にできるようになっていけたら
いいなと思っています。

年齢は重ねていきますが、
心地よい演奏ができるように
頑張ります!

●レッスンの感想や学んだことを
 お書きください。

演奏する時、
体が硬くなってしまう自分に
前向きな言葉を選んで
かけているつもりでした。

ですが、
もっとイメージしやすい言葉で
声をかけてみる事が必要でした。

いろいろ試してみたいと
思っています。

曲を演奏する時に
ストーリーを作る事。

演奏時、
全身の関節を使えるという事。

●特に印象に残った瞬間が
 ありましたらその理由と併せて
 お聞かせください。

○○なイメージで
吹いてみてください。

次は、△△なイメージで…と、

いろんなパターンで
演奏してみたのですが、
見事に音質、伸びなどが
変化しました。

自主練では考えないパターンで、
目から鱗な感じでした。

●有吉尚子ってこんな人でした。

音が変わり、私自身
びっくりしつつも喜んでいると
素敵な笑顔で一緒に
喜んでくださる方でした。

自分で考えられるように、
レッスンを進めてくださいました。

●このレッスンはどんな人に
 オススメですか?

自分で考え、気づいていけるように
進めていただいたので、
悩んでいる事がはっきりしている
人がいいと思いました。

●これからレッスンを
 受ける方に一言!

実際に体験する事、
感じる事、大事です!

京都府 主婦
ピオーネさん 50代
楽器: Ocarina


▲▲▲ここまで▲▲▲

どんなシュチュエーションのときに
身体にはどんなことが起きるのか、
それって一人で探求するのには
限界があるんですよね。

やっぱり適切なサポートがあって
興味深い発見につながることが
多いものだなとわたしも思います。

今回はココロと身体のこと以外に
アナリーゼも気になっている
とのことで、
実際に音を出して曲の中の
部分ごとの特色を聴きながら
どんな要素がどんな雰囲気を
作っているのかを見ていきました。

全体を俯瞰してみると普段何気なく
通り過ぎてしまうようなところに
色んな仕掛けをしてあるのが見えて
ちゃんと楽譜からストーリーが
読み取れるものなんですね。

アナリーゼをした前と後でも
演奏が全く変わっていたのが
とっても印象的でした。

ぜひこれからも心身のこと、
音楽を読み解くこと、
楽しく続けていっていただけたら
と思います。

ピオーネさん、
どうもありがとうございました♪

レッスンの詳細を知りたい方は
こちらからどうぞ。
▼▼▼▼▼
https://open-eared.com/how_to_learn/

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。