楽器練習効率化ガイドブック

有吉尚子です。こんにちは!

音大出身のホルン吹きさん、
音の飛ばし方や歌い方について
しっくり来ていないとのことで
レッスンにいらっしゃいました。

この日は
アレクサンダー・テクニークで
楽器を構える時の動作や
バランスについて知ることで
奏法を整理していったのですが、
ほんの少しのバランス変化によって
苦手とおっしゃってた音も
きれいに響かせられていて
とても興味深いレッスンでした。

そんなホルン吹きさんのご感想を
紹介いたします。

▼▼▼ここから▼▼▼

本日はありがとうございました!

吹き心地の違いのほか、
学生時代〜今までのどうにも
上手くいかなかったことや、
失敗した時のことなど、
身体の使い方や思考が
原因だったのかも!
と衝撃の連続でした。

思い切って受講して、
ほんとうによかったです!

今後に活用していきます!

●レッスンの感想や学んだことを
 お書きください。

アレクサンダーテクニークの
あり・なしでの、
吹き心地や身体の負担の違いを
実感しました。

また、骨や関節、筋肉など、
どこがどう動けるのかがわかり、
過去の本番での失敗の原因が
見えた気がしました。

●特に印象に残った瞬間が
 ありましたらその理由と併せて
 お聞かせください。

大の苦手だったハイトーンが、
今までに出せたことがないような
音色で出せたことです。

自分でも驚きましたし、
少し自信が持てました。

●有吉尚子ってこんな人でした。

優しいお姉さん
という感じの方でした。

説明がどれもわかりやすく、
すんなりと理解できました。

●このレッスンはどんな人に
 オススメですか?

今までに楽器のレッスンを
受けていても、
どうも上手くいかず、
原因がわかりかねている方、
楽器の奏法というよりも
身体自体の使い方や思考の面での
違和感や限界を感じている方に
オススメです。

●これからレッスンを
 受ける方に一言!

初心者〜プロの方まで、
お悩みを抱えていて
なかなか解決できないのなら、
是非体感していただきたいです。

きっと、
驚きの連続になると思います。

東京都 レッスン講師
宮下智美さん 20代
楽器:ホルン


▲▲▲ここまで▲▲▲

苦手と思っていた音が
どうして苦手な気がするのか、
自分の身体の構造に奏法が
本当に合っているのかどうか、
そんな風に自分の身体や楽器を
ずっと見つめ続けて向き合ってきた
土台があるからこそ、
小さな変化に大きな意味を
見ることができるんですね。

そんな視点を持っている上でさらに
心身の仕組みと音楽を作る過程が
自分の中ではっきりさせられたら
「一般的に良いとされる方法」
だけでなく
「その人にとって良い方法」
を探していくことが
できちゃうんです。

普段楽器のコントロールだけに
気を取られてしまっていると
気付けない心の動きなんかも
ときには観察してみると
思ってもみなかったことが奏法に
影響しているのがわかったりして
奥深さを感じるものですね。

宮下智美さん、
どうもありがとうございました♪

レッスンの詳細を知りたい方は
こちらからどうぞ。
▼▼▼▼▼
https://open-eared.com/how_to_learn/

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。