楽器練習効率化ガイドブック

有吉尚子です。こんにちは!

普段オーケストラで演奏しながら
ダブルタンギングやアンブシュアの
疲れやすさが気になって
アレクサンダーテクニークも
勉強されたことのあるという
クラ吹きさん。

クラリネットの演奏と
アレクサンダー・テクニーク両方を
専門にする先生にレッスンを
受けてみたいとのことで
いらっしゃいました。

そんなクラ吹きさんのレッスンの
ご感想を紹介いたしますね。

▼▼▼ここから▼▼▼

●レッスンの感想や学んだことを
 お書きください。

課題の解決について、
対話しながら私自身が
考えていけるように
仕向けてくださり、
頭の中が大忙しでした。

意識的に実験して発見していくのが
興味深く、楽しく、
時間があっという間でした。

自己練習のときもこのプロセスを
大事にしようと思います。

やはり実際にレッスンを
していただくのは、
格段にためになりますね。

●特に印象に残った瞬間が
 ありましたらその理由と併せて
 お聞かせください。

舌の位置の実験で、
音の出方が全く異なることが
体験できた瞬間です。

息を流し続けることも
意識ながらタンギングしてみた
ときのクリアさに、
自分でびっくりしてしまいました。

無意識に染み付いて
しまっていたことや、
無意識だった考えや現象に気付けた
瞬間がたくさんありました。

●有吉尚子ってこんな人でした。

キラキラなブラウンの瞳で
鋭く現状を見てくださり、
たくさんの引き出しを
持っていらっしゃいます。

●このレッスンはどんな人に
 オススメですか?

楽器演奏で何かがうまく行かなくて、
どうしたらいいかヒントがほしい人。

もう若くはない
アマチュア奏者でも、
楽器を使ってもっと音楽をしたい人。

●これからレッスンを
 受ける方に一言!

自分にも良い方に変われる余地が
たくさんあることを
わからせてもらえます。

東京都 会社員
みーさん
楽器:クラリネット

▲▲▲ここまで▲▲▲

練習というのはただ時間をかけて
繰り返せば良いわけではなくて
そのプロセスでどんなことを考え
どんな意図を持って音を出すか、
というところがとっても大切な
要素になるんですよね。

今回のレッスンでは改めて
自分で練習をするときに
どんな意図を持ってどんな手順で
進めていくと効果が出やすいのか
というところにフォーカスしつつ
進めて行きました。

学生時代にやっていた練習法が
一生使える確実な手順
というわけではなく、
年齢や段階によって変化させていく
というのも大切ですね。

そんなことを改めて感じさせて
いただいたレッスンの機会でした。

みーさん、
どうもありがとうございました♪

レッスンの詳細を知りたい方は
こちらからどうぞ。
▼▼▼▼▼
https://open-eared.com/how_to_learn/

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。