楽器練習効率化ガイドブック

有吉尚子です。こんにちは!

山梨からいらっしゃった
アレクサンダー・テクニークに
興味をお持ちの
クラリネット吹きさん。

レッスンでは必ずしもその時の
お悩みのところに解決のヒントが
あるというわけではなくて
意外なところにステップアップの
きっかけが隠れていることも
実は結構多いんです。

この日はアレクサンダーテクニーク
としてのレッスンも行いましたが、
身体のコントロールや心のことより
もっと大きなポイントになっていた
ことが見つかったのでした。

そんなレッスンのご感想を
紹介いたします。

▼▼▼ここから▼▼▼

●レッスンの感想や学んだことを
 お書きください。

技術的になかなか上達できず
悩んでいたため、
何かヒントをつかめればと思い
レッスンを受けました。
自分は、身体の使い方に
難があるのではないかと
考えていましたが 、
吹いている音の善し悪しを聞いて
判断できていないところに
原因がありそうだと
気づくことができました。

実際ソルフェージュ能力を伸ばす
となると様々訓練が必要ですが、
自分に足りていないものを
レッスンを通して気づくことが
できたのは大変良かったです。

●特に印象に残った瞬間が
 ありましたらその理由と併せて
 お聞かせください。

自分に言い聞かせる注意点として、
否定形は良くないと言われて、
なるほどと思いました。

「~してはいけない」だと、
否定したことを実行する方に
頭と体が向かって、
結果的に失敗してしまう、
という経験があったためです。

●有吉尚子ってこんな人でした。

聡明な方でした。

いろんな見方で
こちらの悩んでいることを
探り当てようとしてくれます。

●このレッスンはどんな人に
 オススメですか?

いろいろな観点から奏法、
音楽上のアドバイスを
していただけるので、
自身の音楽的能力に行き詰まりを
感じている方に
レッスンおすすめします。

●これからレッスンを
 受ける方に一言!

自身の相談したいことを、
レッスン前にしっかり言語化して
先生に説明できるようにしておくと、
より良いレッスンになると思います。

山梨県 公務員
H.K.さん 30代
楽器: クラリネット

▲▲▲ここまで▲▲▲

身体のコントロールはもちろん
楽器演奏にはとても大切ですが、
奏法を変えたときの音の変化を
聴き取って良し悪しの判断をする
というのも大切なことですね。

今回はその判断精度をもう少し
上げることができそう、
ということでソルフェージュ面も
取り上げたのでした。

音を聴くって当たり前にできている
と思ってしまいがちなものですが
実はそれほど細部までこまかく
注意を払って聴いていなかったり
流し聴きになってしまっていたり、
意外にあいまいな聴き方を
してしまっていることって
多いんですね。

現在の聴き方がどんな精度なのか
知るというのは上達のための
大きなステップになるんです。

H.K.さん、素敵なご感想を
どうもありがとうございました♪

レッスンの詳細を知りたい方は
こちらからどうぞ。
▼▼▼▼▼
https://open-eared.com/how_to_learn/

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。