楽器練習効率化ガイドブック

有吉尚子です。こんにちは!

北海道からはるばる東京まで
レッスンにいらっしゃった
エスクラリネット吹きさん。

普通のクラリネットとの
持ち替えをしていて、
改めて特殊管のレッスンを
受けたいとのことでした。

高音楽器にこそ必要な音の作り方や
身体のコントロールについて、
とても丁寧に観察しながら
実践されていたのが印象的でした。

そんなエスクラ吹きさんからの
ご感想を紹介いたします。

ここから
▼▼▼

●レッスンの感想や学んだことを
 お書きください。

吹奏楽団でエスクラリネットを
吹いていますがエスクラに関しては
これまでレッスン等を
受けたことがなく
「この吹き方で良いのかな?」と
自信がない状態で吹いていました。

今回のレッスンでは
アイヒラーのスケールを
見ていただきましたが、
一つ一つしっかり音を鳴らしながら

・管の先の方まで
しっかり息を吹き込むこと

・身体のどこがどう動いているかを
意識しながら吹くこと、

・次に鳴らす音を
イメージしながら吹くこと

を学びました。

また、身体の動きについても
色々と教えていただけました。

いつも何となく腹筋を意識して
吹いていましたが
実際には腹筋だけではなく
腰周りや背中も使っているんだと
初めて気付けました。

●特に印象に残った瞬間が
 ありましたらその理由と併せて
 お聞かせください。

失敗して変な音が鳴った時に、

「それ!
もう一度やってみましょう」

と、失敗した状態を
わざと再現させたことが、
とても新鮮でした。

あえて悪い状態を再現することで、
どうすればそうなるのか癖がわかり
その後正しく吹きなおした際に
綺麗に吹けるようになりました。

●有吉尚子ってこんな人でした。

とてもよく生徒(私)を
観察されているなあ、
と思いました。

短い時間で的確なアドバイスを
たくさんいただけました。

また、
パソコンを使いこなされていて
びっくりしました(笑)。

●このレッスンはどんな人に
 オススメですか?

自分の吹き方がこれで良いのかな?
と迷っている人には
是非お勧めしたいです。

●これからレッスンを
 受ける方に一言!

とても内容の濃い、
充実した時間でした。

是非、たくさん学んで
いただきたいです!

北海道 会社員
えみこさん 40代
楽器:クラリネット(B♭、E♭)

▲▲▲
ここまで

わたしたちは普段の演奏中
発音ミスをするととっさに
「これじゃない!」
と思ってしまいがちなんですよね。

でもミスをただ否定するより
なぜミスが起きたかのメカニズムを
知っておくほうが役に立つんです。

だってなぜミスが起こるかわかれば
その動きを避けることだって
出来るんですから。

ミスをすぐにやり直したりして
なかったことにしてしまっては
避けたい動きはどんなものか
ということがあやふやなまま。

ミスはせっかくの学びのチャンス
でもあるんです。

今回のレッスンではそんなことを
取り上げながら充実した時間を
過ごさせていただきました。

実はえみこさんはこの後にも
北海道からレッスンや発表会など
色々ご参加くださっていています。

「遠いから」という理由で
あきらめてしまうのではなく
アクティブに楽しそうに
音楽をされてる方にお会いできて
わたしも毎回刺激を
いただいているんです。

えみこさん、
どうもありがとうございました♪

レッスンの詳細を知りたい方は
こちらからどうぞ。
▼▼▼▼▼
https://open-eared.com/how_to_learn/

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。