楽器練習効率化ガイドブック

前回の記事

「今の私を救ってくれる言葉です。
罪悪感との戦いでした…」

なんてお返事をいただきました。

ありがとうござます♪

仕事や勉強の合間に好きで始めて
続けているはずの音楽。

残業が終わらなくて遅くなったり

お腹をすかせた家族のご飯を
急いで用意しなきゃならなかったり

疲れて動けない日があったり、

音楽を最優先にできる日ばかりじゃ
ないのは自然なことですよね。

だって期限のある仕事を投げ出して
しまうわけにもいかなし、

お腹をすかした子供をほったらかす
なんてこともできないし、
(介護の必要ない大人なら
多少ほっといても大丈夫だけど)

体調が良くないときは休まなきゃ
どうにもならないんですから。

有吉尚子です。こんにちは!

そういう大切にしなきゃならない
たくさんのことを優先するのに
罪悪感なんて感じないで
堂々としていたいですよね。

その上で音楽もしたいと思うのなら
それはとってもステキなこと!

「1日休んだら3日分下手になる」

「毎日音出ししなきゃいけない」

「音が出せなくても指だけでも
動かさなきゃなまっちゃう」

そんな風に自分を縛って
苦しくなることはないんですよ。

もちろん練習は継続した方が
上手くなる速度は上がります。

それに毎日やったほうが
安心感だってあるでしょう。

でも、知ってますか?

毎日たくさん練習しなきゃ!
って感じるのは
実はものすごく時間をかけないと
上手くなれない練習の仕方を
しているからなんですよ。

上手な人はこの練習をこれくらい
やったら完成度はこのこらいだな、
というのイメージがあるんです。

だから
「毎日やらなきゃ」
なんて思わないんですね。

「必要な手順を踏むにはこの時間が
必要だからいつやろうかな」
と思うだけです。

それも結構短時間で
済んじゃうものなんです。

だって楽譜を読む方法は
知ってるからいつまでも無限に
ずっと眺めていなくてもいいし、

指や息のコントロールが
どういう手順で身についていくのか
ちゃんとわかってるから
出来てないのは練習不足じゃなくて
必要な手順の途中なんだなと
思うだけだし、

音が良くなったのかどうか
微細な変化が聴こえてるいから
「練習した感」
を求めて長時間やらなくても
変わったかどうか自分で判断
できるんですから。

あなたもせっかく作った貴重な
演奏するため時間で無駄なことを
しなくたって良いんですよ。

本当に効果的な練習を知っていたら
いつできるのかわからない焦りや
出来ないでいる限り
ずっと続けなきゃいけない
ムダな練習から解放されるんです。

そしてひさしぶりに吹くときには
「できなかった罪悪感」
じゃなくて
「やっと演奏できるよろこび」
を感じながら吹きたい!

そう思いませんか?

せっかく音楽をするなら
罪悪感を帳消しにするためじゃなく
もっと楽しくなるために
演奏しましょうよ!

ムダな練習をする時間はないけれど
「わたしは下手なんだから
もっとやらなきゃ」

「できてないのにさぼってるって
思われたくない」

「トンチンカンな歌いまわしだと
思われたくないから
どう見たら良いかわからないけど
楽譜を長時間睨んでる」

そんな風に自分の心や他人からの
批判を怖がってそこから逃げようと
練習するんじゃなく、

自信を持って演奏するために
罪悪感なく心軽く楽しく練習に
向き合った方が幸せですよね。

音楽以外の大事なことを犠牲せず
かといって大好きな音楽も諦めずに
続けていきたくありませんか?

だとしたら練習方法や譜読み方法、
聴き方の習慣をリニューアルして
これからの音楽ライフを
すっきり気持ちよく過ごせるように
なってしまうのも
良いかも知れませんね!

 

新着記事を見逃したくない方は
メール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
に読者登録するとメールで受け取れます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。