思考と心

多忙で練習できなくても上手くなりたい方へ

Pocket

練習したいけど平日は仕事があるし休日は家族とも過ごしたい。

だからってもっと練習しなきゃ楽団仲間に迷惑になっちゃうし、かといって演奏をやめてしまえば生き甲斐をなくしてしまうし・・・

そんなやりたい気持ちはあるのにできなくて好きなはずの音楽でどんどんがフラストレーションがたまってしまう忙しい大人奏者はきっと多いと思います。

そんな時って頭の中もごちゃごちゃ気持ちもわちゃわちゃで、「何から手をつけたらいいのかわからないから何もしない」なんてことになってるのですよね。

実はわたしもそうなのです。

仕事で必要なレッスンの準備や仕上げる期限のある曲はまず最初に片付けなきゃいけないので「いつかやってみたい曲」「本当は一番好きな曲」「この編成でコンサートしたいな」そんな想いはいつも後回し。

「いつか時間ができたら考えてみよう」

「そのうち余裕のあるときに詳細を詰めようかな」

ついそうなってしまうのですよね。

仕事も家のこともあっていつもやりたいことを一番には考えられないその気持ち、よくわかります。

かといって「いつかそのうち」なんてぼんやりと思ってることはまず実現しないんですよね。

そんなときわたしの場合はまずは予定を立ててしまう!

出来そうかどうかは関係なくとりあえず手帳に予定として書き込んでみるんです。

そうすると意外にも準備しなきゃいけないものや揃えたいものなど整理されて見えてきます。

「この予定はこっちに動かしてあれはここで手に入れて」

そんな風に考えてるうちに不思議とだんだん出来そうな気がしてくるのですよね。

もしそれでも無理そうならやらなきゃいい。

でもそれでやれそうな気がしたらやったらいいですもんね!

音楽だって同じです。

いつか学びたい身につけたいことは「いつか」と思ってたら身につきません。

まずは予定として組み込んでみる。

それから問題になることをひとつずつ調整をしていけば「いつか」「今」になりますね!

これからの長い音楽ライフをもっと楽しくするために早いうちに知っておきたい身につけておきたいアレコレは、まず学ぶ予定にしてしまってから可能かどうか考える。

結構オススメのやり方です♪

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-思考と心

© 2021 聴く耳育成メソッド