楽器練習効率化ガイドブック

「今までの動き、間違ってた!
今日から正しくやろう!」
そう思ったレッスン後の個人練習、
果たして本当に「正しく」
動けているのでしょうか。

有吉尚子です。こんにちは!

アレクサンダー・テクニークを
学んでる人がよく耳にする言葉に
「正しいと感じることは
 間違ってる」
というのがあるんです。

どういうことかというと、
今までの人生経験・音楽経験の中で
成功したことや安心だったことなど
慣れてることを「正しいこと」
として感じるから。

今のあなたの「正しい」と感じる
価値基準を作っているのは
過去の経験なんです。

そして新しい奏法に変えようと
試行錯誤しているときに
慣れていて安心な感じがすることは
いまは直したいと思っているはずの
過去の習慣的な動作をしたときの
感覚なんですね。

そして慣れてない新しいことは
「間違ってる」
と感じられやすいんです。

ということで、
原理がわかればもうそれは
できる動きに違いない!
というのはとんだ勘違いで、
感覚を頼りにひとりで「正しい」を
再現するのはほぼ不可能なんです。

本当にやりたいことに繋がる動きは
慣れていないので自分では間違って
感じられることがほとんど。

だから何を信頼したらいいか
はっきりさせて望む方に進めために
レッスンがあるんですね。

「自分でなんとかしよう」

「今まで通りにやろう」
と同じになりがちだということ、
頭の片隅に置いておくと
いいかも知れませんね。

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。
この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。