楽器練習効率化ガイドブック

「こんな人にどういう風に
教えたら良いですか」

という教え方についてのご相談、
レッスンのときによくあります。

有吉尚子です。こんにちは!

「こんなことができない人
こんな風になってしまう人
にどう対処したらいいか」
という内容が多いんですが、
なかなかお答えするのが難しい
質問でもあるんですね。

というのは話題になってる人に
わたしは会ったことがないし
吹いてるところを見たことも
音を聴いたこともないから。

質問者(レッスンに来てる人)の
お話から判断するより他に無い
わけなんですけれど、
まず一番はじめにお伝えするのは
話題になってる御本人が
変わりたいと思ってるのかどうか、
ということ。

本人が大切にしている価値観を
他人がどうこう言うことは
できないし、
自分自身が積極的に変わりたいと
思っていないのならはっきり言って
余計なお世話ですから。

その上で、
お話がわかりやすくなるコツは
この2つを区別して考えること。

・実際に起きている事実や本人が
 口に出して言ったことは何か

・質問者の推測や実際に起きている
 事実から判断したことは何か

例えば背もたれに背中をくっつけて
眉間にシワを寄せて吹いている人に
アドバイスしたい、
というご相談があったとします。

質問者は背もたれに寄りかかるのは
悪いことだし吹きにくそうだから
やめさせたいと思っています。

そして話題になってる御本人は
色んな奏法を試してきて、
背もたれに背中をくっつけるのが
今は一番いい音になる吹き方だ
という結論に達したために
それをしていて、
集中すると眉間にシワを寄せる
クセを持ってるなんて場合。

「背もたれに寄っかかってるから
吹きにくいんですよね?」
というご相談には
手放しで同意はできないんですね。

ここでわたしにわかる事実は
話題になってる人は
眉間にシワを寄せていて
背もたれに背中をくっつけて
吹いているってことだけ。

・寄りかかってることで
演奏に悪影響があるはずだ

・寄りかかるのをやめたら
もっと良くなるはずだ

・眉間にシワがよってるから
快適ではないんだろう

というのは質問者の推測。

そして、

・実際どんな音が出ているのか

・寄りかかりの動きをする瞬間に
どんな意図を持っているのか

・どんな風に寄りかかるまでの
動きをしているのか

・寄りかからないで吹いたときと
どんな違いがあるのか

・御本人が寄りかかるのを
やめたいと思ってるのかどうか

はわからないわけです。

これで答えるのは難しいですよね。

実際に現場を見ていない限りは
どんなこと言ったとしても
的外れである可能性は
拭いきれません。

どうしても
「一般論としてありがちなケースは
こんなのですよ」
というわかったような
わからないようなお返事に
なってしまうんですね。

自分以外の誰かについて相談したい
という場合には、
ベストは本人を連れてくること。

それがムリだとしたら、
できるだけ推測を交えずに
起きている事実と
本人が口に出して言ったことを
たくさん教えていただけると
ヒントになることが見つかるかも
しれませんね。

新着記事を見逃したくない方は
メール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
に読者登録するとメールで受け取れます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。