アレクサンダー・テクニーク レッスン 思考と心 練習

つい「できない」と言っちゃう方へ

Pocket

練習やレッスンなどで、なにかできないことがあったときに「できなーい!!」と言いたくなる瞬間ってあるのではないでしょうか。

このときに本当に感じてるのはどんなことなんでしょうか?

「本当はやりたい」「出来るようになりたい」という思いができないという言葉になったのでしょうか。

本当に単純にできないなと思っただけでしょうか。

これ、わたしもよくあります。

試しに水泳の選手みたいに速く泳いでみようとしてもちろんできるわけもなく「うん、できてないな」なんて思うとき。

そしてこの場合「できない」というのはできていないという事実を認識してるだけ。

別に本気で速く泳げるようになりたいわけでもないし、速く泳げないことに傷ついてるわけでもありません。

もしもわたしが本気で水泳選手を目指していて速く泳げてないことにフラストレーションがあるなら「できないよー」と騒ぐ時間があったら何をしたら目標に届くのか考えるでしょう。

楽器の練習中に「できない!」と嘆くのはできてないことのフラストレーションを心ゆくまで味わう作業ですよね。

本当はできるようになりたい、わかるようになりたいと思うなら、できないストレスを満喫する時間はもったいなくないですか?

やっと作った音出し出来る時間に、せっかくのレッスンの時間に、出来ない自分を嘆く作業をするのは無駄じゃありませんか?

もしそれをしたいなら本当にやりたいことをさえぎらないひとりで暇を持て余した時間に好きなだけやれば良いんです。

しかも口に出すことは自己暗示にもなっていきますから「できない」といえば「自分にはできないんだ」と意識に刷り込んでるんですね。

それなら「あとちょっと頑張ってみよう」「じゃあ次は何を試してみようか」という方がよっぽどマシ。

「できなーい!」という嘆きの言葉、百害あって一利なしですね。

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, レッスン, 思考と心, 練習

© 2021 聴く耳育成メソッド