楽器練習効率化ガイドブック

練習やレッスンなどで、
なにかできないことがあったときに
「できなーい!!」
と言いたくなる瞬間って
あるのではないでしょうか。

有吉尚子です。こんにちは!

このときに本当に感じてるのは
どんなことなんでしょうか?

「本当はやりたい」
「出来るようになりたい」
という思いができないという
言葉になったのでしょうか。

本当に単純にできないなと
思っただけでしょうか。

これ、わたしもよくあります。

試しに水泳の選手みたいに
速く泳いでみようとして
もちろんできるわけもなく
「うん、できてないな」
なんて思うとき。

そしてこの場合「できない」
というのはできていないという
事実を認識してるだけ。

別に本気で速く泳げるように
なりたいわけでもないし、
速く泳げないことに
傷ついてるわけでもありません。

もしもわたしが本気で水泳選手を
目指していて速く泳げてないことに
フラストレーションがあるなら
「できないよー」
と騒ぐ時間があったら何をしたら
目標に届くのか考えるでしょう。

楽器の練習中に「できない!」
と嘆くのはできてないことの
フラストレーションを
心ゆくまで味わう作業ですよね。

本当はできるようになりたい、
わかるようになりたいと思うなら、
できないストレスを満喫する時間は
もったいなくないですか?

やっと作った音出し出来る時間に、
せっかくのレッスンの時間に、
出来ない自分を嘆く作業をするのは
無駄じゃありませんか?

もしそれをしたいなら
本当にやりたいことをさえぎらない
ひとりで暇を持て余した時間に
好きなだけやれば良いんです。

しかも口に出すことは
自己暗示にもなっていきますから
「できない」
といえば
「自分にはできないんだ」
意識に刷り込んでるんですね。

それなら
「あとちょっと頑張ってみよう」
「じゃあ次は何を試してみようか」
という方がよっぽどマシ。

「できなーい!」
という嘆きの言葉、
百害あって一利なしですね。

こんな記事が毎日届くメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
は無料でお読みいただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。