楽器練習効率化ガイドブック

「新しい奏法も古いのも
大して変わらない気がする」

というレッスンでのあるある。

それは新しい吹き方のつもりで
慣れた古い吹き方をしてるから、
というケースがよくあるんです。

有吉尚子です。こんにちは!

小手先の奏法よりも身体全体の
使い方を変えるようなときに
「わかってるのにできない」
というのが起こりがちですね。

「知ってるとできるは違う」

そんな言葉はきっとあちこちで
目にしたことがあると思います。

当たり前のような気がしますが、
わかっているのに反対のことを
してしまってるってことは
案外起こりがちなんですよ。

どういうことかというと、
新しい吹き方に変えるときに
古いやり方ではなく新しいやり方を
慎重に選んでゆっくり構えたり
アンブシュアを作ったりなど
色々準備をして「よし吹くぞ!」
という瞬間に以前のやり方に
戻ってしまうような場合のこと。

楽器に息を吹き込んで音を出す
その一瞬、
かなり集中が必要ですよね。

まさかと思うかもしれませんが、
その一瞬に口やお腹周りの動きに
気を取られて身体全体の使い方に
関する意図を忘れたりするんです。

たった今やろうとしてることを
忘れるなんてそんなバカな!

そんな気がしますよね。

でも実際にやってみると
かなりたくさんの方が吹く瞬間に
どうやって吹くか忘れるんですよ。

これってつまり古いやり方が
反射的に出てこないように
「抑制する」
ってことができてない場合なんです。

やらないほうが良いと知ってても
慣れてる動きが起きるのは
反射と言えるくらい
ものすごく速いから、
一瞬でも思考に空白ができると
もうその瞬間に古いやり方で
身体が動いてしまうんですね。

音を出すことに集中したその一瞬、
ここで古い動きに戻ってしまうのは
始めは自然なことなんです。

原理が理解できていれば
もうそれはできる動きに違いない
という考えが勘違いだという
良い例ですね。

わたしたちはわかっているだけじゃ
思い通りに身体を動かすことは
できないんです。

本当に新しい吹き方でやるためには
「意図を途切れず持ち続ける」
ということが必要なんですね。

ガイドされながら実際にやると
それがよくわかりますが、
体験しないと自分が思ったことを
できてないことさえわからないで、
できていると思いこんでしまう
なんてこともありがち。

「新しい吹き方は古いのと
あんまり変わらない」

とう思うのは
新しいやり方をしてるつもりで
古い方法で吹いているから。

レッスンでそんな経験をしたことが
あったら振り返ってみて下さいね!

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。