アレクサンダー・テクニーク レッスン 思考と心 練習 身体の仕組み

レッスンで良くなった気がしない

Pocket

「新しい奏法も古いのも大して変わらない気がする」

というレッスンでのあるある。

それは新しい吹き方のつもりで慣れた古い吹き方をしてるから、というケースがよくあるのです。

小手先の奏法よりも身体全体の使い方を変えるようなときに「わかってるのにできない」というのが起こりがちですね。

「知ってるとできるは違う」

そんな言葉はきっとあちこちで目にしたことがあると思います。

当たり前のような気がしますが、わかっているのに反対のことをしてしまってるってことは案外起こりがちなのですよ。

どういうことかというと、新しい吹き方に変えるときに古いやり方ではなく新しいやり方を慎重に選んでゆっくり構えたりアンブシュアを作ったりなど色々準備をして「よし吹くぞ!」という瞬間に以前のやり方に戻ってしまうような場合のこと。

楽器に息を吹き込んで音を出すその一瞬、かなり集中が必要ですよね。

まさかと思うかもしれませんが、その一瞬に口やお腹周りの動きに気を取られて身体全体の使い方に関する意図を忘れたりするのです。

たった今やろうとしてることを忘れるなんてそんなバカな!

そんな気がしますよね。

でも実際にやってみるとかなりたくさんの方が吹く瞬間にどうやって吹くか忘れるのですよ。

これってつまり古いやり方が反射的に出てこないように「抑制する」ってことができてない場合なのです。

やらないほうが良いと知ってても慣れてる動きが起きるのは反射と言えるくらいものすごく速いから、一瞬でも思考に空白ができるともうその瞬間に古いやり方で身体が動いてしまうのですね。

音を出すことに集中したその一瞬、ここで古い動きに戻ってしまうのは始めは自然なことなのです。

原理が理解できていればもうそれはできる動きに違いないという考えが勘違いだという良い例ですね。

わたしたちはわかっているだけじゃ思い通りに身体を動かすことはできないのです。

本当に新しい吹き方でやるためには「意図を途切れず持ち続ける」ということが必要なのですね。

ガイドされながら実際にやるとそれがよくわかりますが、体験しないと自分が思ったことをできてないことさえわからないで、できていると思いこんでしまうなんてこともありがち。

「新しい吹き方は古いのとあんまり変わらない」

とう思うのは新しいやり方をしてるつもりで古い方法で吹いているから。

レッスンでそんな経験をしたことがあったら振り返ってみて下さいね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, レッスン, 思考と心, 練習, 身体の仕組み

© 2021 聴く耳育成メソッド