楽器練習効率化ガイドブック

このやり方は良いな!
新しい練習方法を続けてみよう!

そんな風に思ってもいつの間にか
気がついたら元通りのやり方に
戻ってしまってるなんて体験を
したことはないでしょうか?

有吉尚子です。こんにちは!

せっかく新しいより良いやり方を
やろうとしてるのに定着しない、
これってよくあることですよね。

なぜ自分では新しいやり方で
やようとしてるのになかなか上手く
いかないんでしょうか。

それは新しいやり方はまだ不慣れで
無意識になったときに自動的に
出てくる習慣的な動きには
まだなっていないというのが一つ。

これは繰り返すしかありませんね。

もう一つは、
新しいやり方よりも古い習慣の方が
親しみがあるから正しい感じがする
という原因も考えられます。

今まで採用してきてそれなりに
上手くいくこともあった方法なら
それに対する信頼があるのは
自然なことですね。

でも新しいやり方に変えたいと
思ったのには理由があるはず。

何かしら古いやり方では
足りない部分があったり、
逆効果になっていたり。

何も問題が無いなら今までの
やり方を続ければいいんですから、
新しい方法にするには自分にとって
意味があるからなわけですね。

それなのに古いやり方の方が
安心だったり正しい感じがするのは
「正しい」と感じる
自分の基準がズレているから。

一瞬ギョッとするかもしれませんが
これってアレクサンダーテクニーク
のレッスンではありがちなこと
なんです。

新しい方法は得てして不慣れで
変な感じがするもの。

今まで「正しい」と感じてきた
やり心地とは違うことが多いです。

自分が正しいと感じるってことは
それは古いやり方であり
問題があったり効果がないことだ
という証拠なんですね。

だから習慣的なやり方についつい
戻ってしまうのは自分が正しいと
思うことが間違ってる
というのを忘れてしまう、
もしくは

自分が正しいと感じる=
古い方法に戻っている

というのを知らないから、
というのがもうひとつの原因に
なっているんです。

つい古い習慣に戻ってしまう、
そんなときは振り返ってみると
いいかもしれませんね。

こんな記事が毎日届くメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
は無料でお読みいただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。