楽器練習効率化ガイドブック

細かいパッセージで指が
もつれて困るという人が
実はやらないことが多いのは、
音名を口に出してまたは頭の中で
インテンポで読む練習。

有吉尚子です。こんにちは!

たとえばこんな楽譜なら
どうでしょうか。

何となく上がったり下ったりな
音型ではありますが、
指を順番に離して押さえて・・
だけでは書いてあるとおりに
なりませんよね。

何の音なのかシャープフラットは
ついているのかどうか、
それがあやふやでは演奏しようが
ありません。

こういうのはまず頭の中で
音を整理するのが必要です。

そして「わかったつもり」ではなく
本当に整理されているかどうか
確かめる方法が声に出して
読んでみること。

音程付きで歌えなくても
まずは読んでみましょう。

読みながら引っかかったり
間違えたりしたところは、
わかったつもりだったけど
わかってなかったところ。

どこがあやふやだったか
それではっきりするわけです。

このあやふやな音の認識で吹いたら
もつれるのは当たり前ですよね。

これは指の問題でなく音を認識する
ソルフェージュの問題なんです。

声に出して読めたら次のステップ。

音読しながらその音が出るよう
指を動かしてみましょう。

同じ「ミ」でもナチュラルなのか
フラットなのかシャープなのかで
全く違いますもんね。

ここでもつっかえたり引っかかる
場所があったらそれもまだ音を
ちゃんとわかっていなかった証拠。

これも指の問題ではなく
ソルフェージュの問題です。

これがクリアできたら今度は
吹き込むときの各音に必要な息や
アンブシュアなどの違いを
イメージしながらもう一度
声に出して読んでみます。

これが出来ていないと
指だけ変えても音はキレイに揃わず
デコボコになります。

そしてこの各音の吹き具合の
コントロールがわかっていることも
ソルフェージュなんです!

ここまでの作業がクリアできたら
実際に音を出してフレーズを
吹いてみましょう。

ここまでのことを事前にちゃんと
できていたなら別段なにも問題なく
スムーズに吹けるはずです。

このフレーズを吹く!
と固く決意してるだけで
実際に何の音をどんな指で息で
アンブシュアで吹くかを
偶然任せにしていたら
もつれるのは当然の結果です。

あなたはそんな吹き方を
していませんよね?

ちなみにこのフレーズは
ボロディンのダッタン人の踊りから
ヴァイオリンのパートでした。

ソルフェージュができることは
楽器で音を出る練習の時間を大幅に
短縮してくれるものなんですよ!

新着記事を見逃したくない方は
メール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
に読者登録するとメールで受け取れます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。