コミュニケーション ソルフェージュ 合奏・アンサンブル 思考と心 練習

音程のズレを聴いて感じること

Pocket

お知り合いのコンサートを聴きに行った時に音程やリズムのズレが気になって批判的な耳になり音楽そのものを聴けなくなる瞬間ってありませんか?

もちろん音程やリズムはピッタリ合っていたほうが聴きやすいのは確かですよね。

でも楽器を始めたばかりだったりブランク明けで久しぶりだったりでコンサートに出演することも趣味でやっている方なら経験したことはきっとあるはず。

そんな状況でも音楽をしたいという想いを持った方に対して「音程が合うようになってから出直してこい」なんて思いませんよね。

たとえ技術は発展の余地があっても楽しそうだなとか音楽好きなんだななんて微笑ましく聴けるのではないでしょうか。

音程やリズムが気になるのは自分と同じくらいの演奏の経験がある相手か、自分より上手だなと感じる相手に限られているような気がします。

というのはつまり、演奏している人に自分を投影して聴いているのですね。

自分のダメなところや目下気になってるところがより耳に飛び込んで来るわけです。

そんな時はコンサート後に「音程がリズムがダメだったよ」なんて無意味で失礼なコメントを奏者に伝えるのではなく帰ってから自分の演奏を振り返ってみる方が建設的ですね。

「なんで今日はこれが特に気になるんだろう」という振り返りは上達に役立つヒントになるものなんですね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-コミュニケーション, ソルフェージュ, 合奏・アンサンブル, 思考と心, 練習

© 2021 聴く耳育成メソッド